~中国生活を基に色々な物事を深く考慮し、アイデアを提唱していくブログ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本に帰ってきて、浦島太郎の気分だった。


連絡の希薄だった地元の友達なんかは、
結婚して子供出来たりしてて、家を買うとか言う奴までいるし、
みんな出世してしてたり、職業変わってたり、
仲間で集まっても全然話しについていけない。


買い物をしてても浦島気分。


ヤマダ電器に行ったのだが、
パソコンやらテレビやらえらく進化を遂げていて、
「えぇ、この機能付いてこの値段!?」と一人でワッキャワッキャして、
なんだか通販のリアクションみたいになってしまっていた。


何やねん、地デジとかビスタとか。
中国で型落ちのパクり商品ばかり見ていた人間としては、
ちょっとこの急激な進化にはついていけない。


携帯電話だってそうだ。
ワンセグ、ネット対応は当たり前で、スピードも速い。
ボクはP905というドコモの比較的新しいやつを買ったのだが、
必要あるのかないのか色々な機能が付いていて、
今やケータイ一つだけ持って外出しても十分だ。


その最新ケータイを持って早速鹿児島の街をドライブ。
しかし、走っていて時々感じる違和感。
「あれ?こんな道あったっけ?」「ここにコレが出来たの?」
いくら鹿児島とはいえ、やはり長年帰ってきていないと
新しい建物や道路が出来ていて、若干迷う。


本当、浦島太郎の気分だ。



 むかしむかし浦島は
 助けた亀に連れられて
 龍宮城へ来て見れば
 絵にもかけない美しさ

 帰って見れば こはいかに
 元居た家も村も無く
 みちに行きあう人々は
 顔も知らない者ばかり




浦島太郎は、竜宮城に行った事自体が、
そもそもの間違いだったのかもしれない。










ウルトラマン
意気揚々と龍宮城に向かうウルトラマン太郎。



浦島太郎とウルトラマンタロウをかけてみたのだが、
実は、こいつはウルトラマンタロウではないとの事。





w(;`・ω・)w ェェェェエエエエエ工工っ!!!



人気blogランキングへ
大河ドラマが大好きである。
教科書に載っていない歴史の勉強になるし、
こだわりのあるセットや不自然さのない演技は
本物を求めるボクを飽きさせない。


何を隠そう、ボクのHNさむらいぶるーの「さむらい」は、
大河ドラマ好きが高じて付けたものだ。


現在放送中のドラマ『篤姫』。
江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室である篤姫(のちの天璋院)が主人公で、混乱の時代に自分にとっての家族(大奥の女性達)を最後まで守り抜き、一途に平和を願う姿を描いている。


ホームドラマの要素が比較的強く、
最近流行の女性が主人公ということで、
若い人達も楽しめるドラマに仕上がっている。


主演は今をときめく宮崎あおい。
純和風の顔立ちにはカツラや着物が映え、
じゃじゃ馬の篤姫を上手に演じている。
私さむらいぶるーも大好きな女優さんで、
何を隠そうHNさむらいぶるーの「ぶるー」は、
宮崎あおいから取ったものだ。


ボクの為に作られたと言っても過言ではない『篤姫』。
今、ボクの故郷鹿児島はこの篤姫にあやかって
ちょっとした盛り上がりを見せている。


篤姫は時の薩摩藩主・島津斉彬の養女であった。
薩摩藩と言えば今の鹿児島県にあたる。
ドラマの中で篤姫が作法を勉強するシーンがあるのだが、
障子を開けた城内からは桜島の凛とした姿が見えている。


実際に鹿児島でロケをしたそうだ。
演者にもスタッフにも鹿児島出身の方が多数いる。
鹿児島の方言も度々使われている。
故郷がこれだけクローズアップされると、
全く関係が無いとは言え、やはり嬉しい。


ドラマも大人気で、篤姫ブームに乗り鹿児島には観光客が増えた。
統計はないが新幹線や旅館の売り上げも上がったそうだ。
観光名所の近くには『篤姫記念館』なるものまで作られ、
鹿児島の活性化に力を貸してくれている。


実にありがたい。
これをきっかけに鹿児島をアピール出来る。


ただ、一つだけ気になる事がある。
こんだけ鹿児島だって言っているのに、
主演は”宮崎あおい”という体たらく。


宮崎あおいである。


惜しい!!
それ隣の県やねん。
これはどげんかせんといかん!ということで、



篤姫を演じるのに相応しい、宮崎あおいの芸名を考えてみた。



まずは単純に。


●鹿児島あおい


アホか、即却下。
ヒネってこーぜ、ヒネってこーぜ。
鹿児島の地名関連でこんなのはどうだ。


●薩摩あおい


ちょっとぶっきらぼうな感じがするので少しアレンジ。


●サツマあおい


”エドはるみ”みたいになってしまった。
でも、もし薩摩あおいに決定するのなら、
いっそのことニュアンスで、


●薩摩あおい
    ↓
●薩摩おいも


としても鹿児島をアピール出来るのだが、
いかんせん可愛くない。さつまいもて。
鹿児島で可愛いもの・・・カワイイもの・・・


●白熊あおい


白なのか?青なのか?
しかも熊って。
では、桜島をアピールするこれはどうだ。


●桜あおい


これはピンクなのか?青なのか?
カワイイのはカワイイのだが、シックリこない。
しかも、ちびまるこちゃんの本名である「桜ももこ」の方が
100倍カワイイし、文字的に綺麗だ。
あんなケロロ軍曹みたいな奴に名前負けしてはいけない。


なかなか良い名前が浮かばない。
名前が平仮名ってのも苗字を選ぶ弊害になっている。
なら、「あおい」から逆算してみてはどうだろうか。


青いと言えば空。
奇遇にも鹿児島県の輝北町という所は、
空が澄んでいて星が日本一綺麗に見える町として有名だ。


●そら あおい


ダメだ、AV女優とカブってしまう。




うあぁぁぁぁぁっーーーー!!
ダメだ!職業が命名師なのに命名出来ない。
ボクにこの業務は無理だ。ブランクが長過ぎた。


もう頭が痛くなってきたので宮崎あおいの芸名は、


●サツマイモ


に決定しようと思います。
「イ」しか共通点がありませんが、
これからも鹿児島をアピールして下さい。


ちなみに、ボクが大阪に引越した時の、
最初のあだ名が「さつまいも」でした。
奇遇ですね。



人気blogランキングへ
中国から解放され、今は実家でゆっくり過ごしている。
変わらない街並みに、静かに流れる時間。


癒しを求めている体に充満する幸福感。


時間があるので、親しい面々と遊んだり呑みに行ったり。
家でバラエティ番組を見るだけでもいい。
ずっとここで静かに暮らせたらと思う。ガチで思う。


そんな中、映画を観に行った。
中国では映画が公開された翌日には
ネットで無料で鑑賞できるので殆ど行かなかった。
久しぶりの映画館で、学生時代を思い出した。


ガチで学生時代に戻った。


『チェスト』という鹿児島を舞台にした映画を観たかったのだが、
連れが『ガチ☆ボーイ』を今日中に観ないと脳梗塞になると言うので、
仕方なく『ガチ☆ボーイ』を観てきた。
いや、ガチで観てきた。



以下ネタバレ注意。(なんだか有名ブログっぽい)




ストーリーとしては、
寝るとその日の記憶が全て消えてしまうという
記憶障害の主人公が憧れていた学生プロレスに入団し、
記憶障害と葛藤しながら苦難を乗り越えていくという、
よくある設定の青春映画。
内容や宣伝にB級映画臭が漂っていたので、
ボクは観る前あまり乗り気ではなかった。


が、かなり面白かった。


プロレス+知名度の低い病気+チョイ役の多い役者達・・・
と確かにB級はB級なのだが、そのB級加減がうまく混ざって、
すごく完成度の高い映画に仕上がっている。
何故プロレスというスポーツを選んだのかも
映画を観ればちゃんと理由があり、
無駄のない映画という印象。


内容、演技共に非常にナチュラル。
主演の佐藤隆太の演技は言うに及ばず、
脇を固める俳優陣も素晴らしかった。


そして、何より良かったのがマドンナ役のサエコ。
最初は「どーせアイドル演技でしょ?」とか思っていたのだが、
ビックリするほど自然な演技で、すごく上手だった。
全ての場面で映画の情景に合わせた演技だったように思う。
少しポッチャリしていて「青春映画に咲いた一輪のバラ」
っていう感じではないのだが、
目立たない美人と言うか、不完全なマドンナと言うか、
「小さな団体のマドンナ感」が非常に良かった。


声がアニメの声優みたいなので評価が分かれるところだが、
ボク的にはプラス評価だ。あの娘は声優としても十分やっていける。




映画を観ている最中に聞いたのだが、
なんとこのサエコ、映画撮影中に妊娠が発覚してしまったそうな。
ポッチャリは役作りではなくて、それが原因だったのかもしれない。
相手はみなさんご存知、日ハムのダルビッシュ。
撮影が終わった11月に入籍したんだって。



何はともあれ、



さむらいぶるーお薦めの映画『ガチ☆ボーイ』。
観る前はこのB級臭漂うタイトルで面白くない映画だと
勝手に決め付けてしまっていたのだが、
このタイトルの由来は、ガチでプロレスに挑む主人公(佐藤隆太)
をストレートに表現したものらしいのだが、
一つ付け加えなければならないのは
やはりサエコ妊娠の話題であろう。


彼女は、なにかと忙しかったであろうと思われる時期に
妊娠と結婚で映画宣伝に一役買ったわけで、
そうなると色々と忙しかった時期にセックスしていたわけである。



ガチ(生)で。



よって、



真のガチ☆ボーイはダルビッシュであろう。



人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。