FC2ブログ

一銭の重み。

ここでは、「一銭の重み。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国で出資法の改正が行われてから、外資企業の中国進出が益々盛んになってきていますが、豊富な資本や他国での経験、確実な出店計画を基に一層繁栄が予想されるのが日本のコンビニ。


これは、出資法緩和に伴う外資の進出を見越した中国国内のコンビニチェーンが基盤を固めようと無理な出店をして、商品管理がズサンになっていたり、経営がボロボロだったりと、ライバルの崩壊も追い風になっている。



ここ北京ではセブンイレブンが店舗数、売り上げ共に一番で、ボクの学校近くの店舗では接客や商品陳列などかなり日本に近いものがあり、中国コンビニのレベルアップを感じさせる。


入り口にレジ、道路側に雑誌、飲料と食品に囲まれてお菓子類や美用品、下着や酒類なども置いてあり、かなり日本のコンビニを意識した配置となっている。



そんな店舗でボクは『午後の紅茶』のペットボトルを買った。
3,8元(約60円)だったので5元札を出したら、店員は「細かい小銭ありますか?」と聞いてきた。ボクが「ない。」と答えると、店員が口にした言葉は、


「0,2元がないので、お釣りは一元で宜しいでしょうか?」


このような日系のコンビニでは、度々そんな状況に直面する。
以前もお釣りがなかったので、0,2元くらい多く貰った事もある。


多く渡すのは納得できる、だってコンビニ側のミスだもん。
自分のミスは自分で損失を被るのは世の定め。
しかし、少なく渡すのは納得しかねる。
前に多くお釣りを貰った事があるとしてもだ。



普通なら「良いですよ。」と納得するのだろうか?
何か別の物を買って細かいお釣りが無いようにするのだろうか?
ボクはそんなお人好しではない。


「エエわけないやん、ふざけるな!」


と言い、0,5元札を貰って帰るのである。



日系のコンビニチェーンの方々に告ぐ。
何故わざわざ3,8元にする必要がある?4元でエエやん。
元々コンビニに行く人なんて、1元以下なら便利さを選んでいるような人達である。お釣りが出ないようにキリの良い料金で良いのである。


原価の何%とか、料金設定にマニュアルがあり、どうしようもないのならお釣りぐらい用意しておけ。あなた方の知らないところでこんなやり取りがなされているのである。



このような話を知り合いにすると、ボクは相当なケチと言われる。
そうでなくとも中国人は日本人をケチだとか細かい性格と思っている。


中国人で高所得と言われる人達の十倍以上の給料を貰い、中国人の何十倍もの消費をして中国の発展を後押ししている我々日本人をケチだとか、細かい性格だと彼らは言う。


そんな彼らに宣言しよう。



ボクは、物乞いには一銭たりとも恵まない。



これは1元くらいとか小銭くらいとか、金額の問題ではない。
そのような状況になったのには同情はするが、労働もせずに賃金を得ようというアマちゃんな考えが気に食わないのだ。

同じ物乞いでも楽器を弾いたり、歌を歌ったりしている人にはお金や食べ物をあげることもある。



ボクの話に「かわいそう。」とか言う人は殆どが偽善者である。
道端で出会い、小銭を恵むくらいならできるが、もし彼らが「一泊だけあなたの部屋に泊めてもらえないか?」と言ってきて、本当に泊めることができる優しい人間がこの世にいくらほどいるだろうか?



そんな事を考えながら、今日も道端で物乞いに催促される。
信号待ちで暇だったボクは物乞いに言う。

「ボクね、今まで京劇を見たこと一回も無いんだよね。」

物乞いは見よう見真似で踊り狂う。
何て言っているか分からないが、歌も歌う。
踊りながら催促を忘れない、ちゃっかり者の物乞い。
信号が青に変わる前に10元(160円)を渡すボク。


「謝謝!謝謝!謝謝~!!」


背中に聞こえる物乞いの「ありがとう」連呼。



所詮ボクも偽善者だなぁ。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント

むぅ…。
やっぱり理解に苦しむ国、中国。

お釣りが適当なあたりは、イタリアみたいないい加減さだし(笑)

世の中、偽善だらけだと思いますよ?
うまくやるやつは偽善者と呼ばれないだけで。
これだけ豊かで平和ボケした日本ですから、偽善でも本人が満足ならいいんですってば(笑)
自分で偽善って言ってるあたり…そこが狙いなんでしょ?
(* ̄艸 ̄)プッ♪
2007/10/19(金) 12:09 | URL | 桃李 #-[ 編集]
イタリアもそうなんですか?チップのある文化の国なら分かりますが…ってやっぱ細かいですね、ボク。

まぁ、自分もそうなんで大きなこと言えないですが、その偽善で助かる人がいるのなら意義はありますね。
2007/10/20(土) 04:29 | URL | さむらいぶるー #-[ 編集]
はじめまして、さむらいぶるーさん。
いつもこのブログを楽しみに拝見させてもらっています。
ありがとうございます。

さて、僕はこの10年間ずっと、道ばたで歌を歌い、それを聴いた通行人の方々からチップのようなものを頂いて、そのお金のみで生活してきたというちょっと変わり者なので、今回のお話はかなり身につまる思いがして思わずコメントさせていただきました。(笑)

これからもまた遊びにこさせてもらいます。
2007/10/21(日) 16:36 | URL | たかゆき #-[ 編集]
はじめまして、たかゆきさん。
駄文にお付き合い下さって、本当に痛み入ります。

かなり変わった人生に驚愕いたしました。加えて非常に尊敬します。さぞ苦労が多いことでしょう。

ストリートパフォーマンスを小馬鹿にしたような感じを受けるかもしれませんが、ボクにはそんな気は一切御座いません。需要があり、供給して対価を貰う事は普通の会社員同じで至極真っ当な事でありますし、会社員よりも苦労が多いと予想される人生を選んだ、たかゆきさんのような人は賞賛に値すると思います。

今後もお暇な時のお目汚しにでも、遊びにきてください。
2007/10/21(日) 18:52 | URL | さむらいぶるー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。