FC2ブログ

天才のオナニーには意義がある。(ボクの事)

ここでは、「天才のオナニーには意義がある。(ボクの事)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月8日に純正中国企業が初めて東証一部上場を果たした。
環境保護を事業の柱と据え、環境関連のコンサルタントやゴミ処理施設の運営など、総合環境ソリューションとして非常に期待を持てる会社である。


中国企業では新興株式市場に、日本との取引も多いチャイナ・メディアなどが既に上場済み。アメリカのナスダックなどに比べると日本の上場基準は比較的容易なのだそうだが、中国企業は合格基準や法律の尊守意識が薄いイメージがあり、この東証一部上場は非常に異例と言え、中国での知名度は一気に増した。


日本への株式上場は中国内での知名度アップの他に、日本の環境関連企業とのパイプ作りにも効果があると見られ、創業五年の若い企業ながらこの戦略には敬服せざるを得ない。


IPOを逃した方は北京オリンピック後の株価が落ち着いた時にこの会社の株式購入を検討したら良いと思う。人材、コンプライアンスの尊守、将来性などかなり期待の持てる企業である。



さて、中国は今、オリンピックの関係もあって環境には非常に敏感である。



先日は北京に入京する車を半分に規制し、環境への影響度を測る実験をしたばかり。

タバコの副流煙が原因による死亡者数毎年10万人という嘘臭いデータを発表し、喫煙禁止の場所も段々増えてきた。先日タクシー内の喫煙禁止も宣布された。驚く事に運転手も客もである。

ある中国の航空会社は環境保護の為に燃料を節約して、緊急着陸をする羽目になった。言わずと知れた中華航空である。



まだまだ環境保護に関しては注目が薄い中国だが、先の企業などを筆頭にだんだんと改善の兆しが出てきた。模範にしているのは日本の環境保護システム。



企業の持つ環境保護の技術は世界一、国民全員環境への意識が高い。
エコやリサイクルのシステムも充実している日本。
その日本の役所などでは、今日も昼食の時間は電気を消している。



が、


そんなチャチな事しても無駄ですよ。
環境問題など微塵も考えた事ないボクが言うのもあれですが、そんな事しても雀の涙ですよ。



そんな事するよりエレベーターを全く使わないようにしたり、テレビの深夜の放送を禁止したりした方がよっぽど効果がある。深夜に出歩ける地域を限定すれば、街灯の節電にもなる。



それより、単純に電気の値段を上げれば、もっと簡単に電量を節約できる。
皆な広告などで呼びかけずとも削れる電力は削るし、かなり効率が良い。



ボクも電力のお陰で快適な生活を享受している一人なのだが、ただ昼食時に電気を消しているだけで環境保護活動をしていると勘違いしてはいけない。それを全人類が実行すれば問題は解決できると思ってはいけない。事態はそんなに単純ではない。バカか?



もっと大胆な改革が必要な時なのです。
無駄なエネルギー消費は根絶しなければならない時なんです。



例えばエレベーターや車などの使用を完全に停止。
例えばテレビやラジオ、遊ぶ目的のパソコン禁止とか。
インテリア照明を使ったら死刑で、クーラーの使用も規制する。



もしこんな法律が宣布されたらあなた方はきっと騒ぐだろう。
やれ「文化的な生活が。」とか、やれ「不便だ。」などと反論するだろう。


昼食時に電気を消したり、エアコンの温度を高く設定する程度の労力不要の事なら「環境保護の為。」と良心を満足させながら実行するが、いざ生活に不便が出てくるとそうもいかないのがお前ら人間である。


だから未だに電気料金が上がらないのである。



だから環境問題をシカトしているボクも、仕事中に半袖を着ただけで環境問題に関心があるように見える役所の人間も本質的には何も変わらない。結局はエアコンを使い、エネルギーを無駄に消費している。



ボクはもし明日からエレベーターの使用禁止と言われれば「そうですか。」と階段を使うし、エアコンを25℃以上にしないと死刑とか言われるならば、ボクはその場でエアコンを破壊するだろう。その点では環境問題取り組みに好意的と言えるだろう。



クールビズとか言ってバカは騙されるだろうが、ボクは騙されない。
それより買い物しないのにデパートに行って涼んでいる中国人の方がよっぽどエコ意識が高い。


環境に悪い物を造るトヨタなんか潰しちゃえば良い。
ゴーンとか「あなたミスタービーンに似てますよシルブプレ?」とか言ってフランスに帰してしまえば良い。


「電気消して。」という女性の発言に環境問題への配慮があると裏読みすれば良い。恥かしいとか、あなたがブサイクで顔を見ながらではオルガズムまで達しないとかでは断じてない。





もし電力の供給が完全停止しても、ボクは原始人的な生活を享受できると自負しているのですが、これはやはり考えるべき時にきていると認識しました。



しかしいくら考えても、環境保護を追及してしまうと解決策は、



人間が滅ぶしかない。



ということになるので、代替エネルギー完全普及の術を考えようと思います。



現在、太陽、水力、風力や安全な核発電などが石油石炭の代替エネルギーとして開発が進められていますが、まだまだ実用化には遠いものやコストの負担が大きすぎるものなど、完全普及への道のりは非常に困難なようです。



色々な資料を見てみましたが、効率的、実用的で尚且つコストの掛からない代替エネルギーは未だ皆無と言って良いでしょう。この問題は200年後くらいにようやく解決できる問題であり、その頃には石油や石炭が枯渇して原始的な生活に戻っているかもしれません。



危機です、危機なんです。
樹木希林、危機なんですとくだらない事言えないくらい危機なんです。



だからボクね、発明研究に没頭することにします。
今の生活を捨て、環境問題の為に『発明家』としてアインシュタインのような髪型にして、舌を出して写真を撮ろうと思います。




そこで、これから発明の外枠だけを話しますが、この外枠をもし実現化することに成功すれば、ノーベル賞を取れると思っています。本気で思っています。


「マジで。」です。





皆さん昨日の夜、寝る前に何しました?
何も恥ずかしがることではありません。



絶対にオナニーしてましたでしょ?



彼女がいようが、いなかろうが成人男性の約95%、回数にして一日に平均一回オナニーしているというデータがあります。世の男性の夜の行動は、

「オナ後寝る」

という統一概論で説明できます。
夜寝る前の男性は擦って擦って擦りきってから就寝しているのです。時間の長短は個人差がありまして、三擦り半で終了する人もいれば、30分くらいかける人もいます。


しかし、皆さん揃いも揃って、擦って擦ってドピュッ。
この先の展開を簡単に理解してもらう為に言い方を変えると、世の成人男性は毎晩チンコを擦り、チンコに熱エネルギーを蓄積してから就寝しています。



ここでボクが、オナニー時の「擦って擦って」で熾る熱エネルギーを蓄電できる機械を発明したとしましょう。



今のイメージとしては、熱を吸収できるコンドーム的な形をしたものに、熱を伝える電線的なものを付け、それをベッド脇に置いてあるコンポ的なものに蓄電する仕組みです。



それをオナニー時に付けて、ただいつものようにオナニーするだけ。ただオナニーするだけで熱エネルギーを蓄積でき、自家発電も可能になる機械の発明開発に、ボクは生涯を捧げると言っているのです。



この毎日のオナニーで熾る摩擦熱を蓄電できる機械。
一人一人の熱は大した事ないですが、日本の成人男性全てがこの機械を使うと考えると…世界の男性がオナニー時にこの機械を使うと考えると凄い電力量になると思います。



ある人は一日に3,4回とオナニーするので、蓄電したエネルギーを売ったりして生計を立てる者が現れるだろう。特にニートなどは実践して社会に貢献すべし。



男性には必要不可欠な事だが、極めて非生産的なオナニーという行為をすればするほど環境問題の解決になる、この『コンドーム的な物』が売れないはずがない。オナニー後の「何やってんだオレ。」のような虚無感や悲壮感も無くなることだろう。



すごいと思わね?
ワクワクしてこね?



熱の貯蓄は今の技術で出来るので、ボクは熱を吸収し集める『コンドーム的な物』の開発をするだけで良い。この熱貯蓄のシステム使用料がかなり高いようなので実入りは少ないと思われるが、この『コンドーム的な物』の税引き後純利益が1個100円にでもなれば、日本だけで5千万個は売れる予定なので、単純計算で50億の利益になる。



コストは心配せずとも安く抑えることができるだろう。
ゲイツさんのように何ワット一円とか使用料制にしても良いかもしれない。
海外でもバカ売れになるので、提携先の企業が必要になる。
いっそ1兆円くらいで権利を売っても良いかもしれない。
売却権利1兆円を達成する為には1万円くらいで売れる商品を開発しなければならないと思うので、『ダッチワイフ的な物』にコンセプトを変えても良い。


夢は膨らむばかり…まずは『コンドーム的な物』の開発に着手しよう。



そこで緊急募集。


世界の男性全員に売る予定なので、『コンドーム的な物』の装着した感覚は女性の性器に限りなく近い必要がある。その研究の為に容姿、スタイルは共に藤原紀香の様な女性・・・と言うか藤原紀香募集。


そして、セックス時に使うコンドームの代用にも使える商品も開発する予定なので、その研究の為にセフレ・・・と言うか藤原紀香募集。


結論として・・・


●藤原紀香、緊急募集!!


結婚してくれとまでは言わないので、お笑い芸人に身体を捧げる結婚生活なんか捨てて中国へ来て下さい。愛のある、そして意義のあるセックスと研究を一緒にしましょう。あなたが相手なら、一年あまりで製造、生産まで辿り着ける自信がある。でも毎日セックスすると思う。





ここで一つ明記しておかなければならないのは、ボクは昨日見たエロ動画の『痴女まみれの株式会社』の一人がもしも藤原紀香だったら…というネタで擦り擦って悶絶していたのだが、それもこれも代替エネルギーの研究であり、環境問題の為にであり、総じてあなた方の為である。



一見無意味なこの活動が意義のあるエコ活動になり、オナニーが地球を救う救世主となるのは、全て藤原紀香に掛かっていると言っても過言ではないだろう。



マジで!!



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
子どもではなく、全ての大人達に読んでほしい本です。当時12歳だった子どもが、大人たちに環境・地球についての考え方を説きました。みんながこの本を読み、考えれば、きっと世界を変えることが出来るはずです。>>子どもを守らない親がいるでしょうか?(最近はたまにみ
2007/09/29(土) | ジグソーパズルを攻める
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。