FC2ブログ

増え続ける中国の肥満児。

ここでは、「増え続ける中国の肥満児。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近中国の物価上昇が著しい。


元々バブルの最中で上がりっぱなしの状況に、世界規模の原油価格上昇、代替エネルギーの穀物需要、単純に所得上昇による需要の拡大などの要因が重なって事態は一般家庭への影響が出るほどになっている。


日本でも原油価格上昇により日清が値上げしたり、お菓子メーカーが内容量を減らしたりしているが、一般家庭への影響は少ないはず。



中国で特に上昇が著しいのは豚肉で、ちょっと前に感染病の影響で生産が半減して豚肉を使った料理の料金が2倍になる飲食店もあるほどだ。もちろんそれ以外の食料品も例外ではない。


特に被害を受けているのは低所得者、とりわけ貧乏大学生は普段からギリギリの生活を強いられているのに、削る事ができない食費の増加。ある北京大学生のブログでは、学食の価格上昇のためにわざわざ別の大学へ昼食をとりにいっていると、事態の深刻さを嘆いていた。



これはなんとかせねば。



もともとこの原油高の原因は中国なんです。
主なエネルギーは石炭で、全体の7割を占めるにも関わらず、残りの3割で石油消費量が世界で1、2を争うエネルギー消費大国。

人口という根本的な問題もあるのだが、中国人のエコや節約意識の薄さや、効率の悪さも原因としてある。


自業自得とはまさにこのことだが、
頭の悪い中国人の為に考えました。



この食費増加の対応策。



原油高を止める為にはと考えていたのですが、そんなの思いつくわけない。
そんなの思いつくくらいならボクはこんな風に中国の片隅で無意味な戯言は吐いていないだろうし、もっと上のほうで仕事をしているはずである。


ので一般家庭で出来る対策。



まず食費で大きな割合を占める外食は絶対に厳禁。
どうしても外食したい時は大学の学食で済ましましょう。
学食なら価格上昇してもたかが知れている。

んでお菓子などの加工品の摂取も禁止。
学食は6元(96円)で一食食えるのに6,7元するポテトチップスなんかは贅沢品にしても贅沢過ぎます。


んで、一般家庭の食事は肉類を極力減らしましょう。
食費で大きな割合を占める肉類を使わないようにすればかなりの節約になること間違いなし。どうしても食べたいときは羊肉など安いものにしましょう。



この提案は最近中国で増えている肥満児の対策にもなる。


皆さん中国の方は痩せているイメージを持っていると思います。
まぁ全体的に痩せている人は多いのですが、中国は一人っ子政策などの影響で子供を『宝貝bao bei』と呼び非常に可愛がる傾向にあり、食事は腹いっぱい好きなものを食べさせ、お菓子などの贅沢品も惜しみなく与えます。


裕福層に多く見られるこの状況はいただけません。
アメリカでも太った方は自己管理が出来ていないとのレッテルを貼られます。
中国人の所得がこのまま増え続け、肥満児の増加によりこれ以上の原材料消費をされると、世界経済が混乱してしまいます。


子供を甘やかさない為に、今の原材料費高騰を抑える為にも、
中国の方はこの提案を即実行すべきと思います。




このブログの存在を中国人は知る由もありませんが。



中国語でこの記事を投稿する勇気もありませんし。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。