FC2ブログ

車社会、変革の時代。

ここでは、「車社会、変革の時代。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボクの親父は船員で数ヶ月に一度しか家に帰らない。
妹はアメリカ在住で今、アメリカ永住の準備をしている。
姉貴は実家鹿児島に対し、北海道で新婚生活。
ボクはボクで中国は北京で放浪生活中。


家族はバラバラ。
結構国際的な一家。


今年のお盆は親父と妹カップルとボクが実家へ帰る予定だったのだが、
実家にはお袋が使っている軽自動車しかないということで、
親父がレンタカーを借りていたようだ。



新しめのコロナだったのだが、
値段を聞いてみると一ヶ月12万円。
安い中古の軽自動車が買える値段。

120000÷30=4000。
一日4000円プラス高騰中のガソリン代。
ちなみに一日だけ借りると8000円。

「安いだろ?」と言う数年後に年金生活のリッチな親父。



高い!高い!高い!高~い!



一日だけ車がいるなーとかゆう時もあるんです。
それが8000円もしたら、相当走らないとなんか損した気分。
というか借りるのを戸惑ってしまう。
そこでこのアイデア・・・



●個人レンタカーの提供


皆さん車お持ちですか?
その自慢の愛車は毎日あなたの足となっていますか?


そうなんです。
今や一人一台となっている車の保有でも、殆どの人は会社へ行く時だけとか、週末に家族と小旅行に行く時だけとか、毎日使っている人というのは少ない。


そこで使ってない日に個人所有の車をレンタカーとして貸し出す。


週末の利用者が多いと思うので、夫婦共に平日は会社へ車通勤しているが、週末はどっちかの車を使うとかいう人はかなり無駄が解消され、お金も儲かる。


料金はレンタカー会社の平均的な利用料金の25%オフくらいに設定すればシェアを取れる可能性が十分にあるし、提供者が決めたって良い。


もしもの事故やトラブルの為に媒体会社は必ず必要になるが、右から左の店舗は要らない商売だし、利用料金の数%を受け取り、広報などの業務を担当するだけ。後は事故の時の仲裁。

なんならボクがやっても良い。


たくさんの人が登録すれば、借りる地域を絞り込み、
「あそこで借りるより、近くの家の軽自動車を借りよう。」
とレンタカーにありがちな店舗まで車を取りに行き、また返しに行くというような面倒も解消される事が予想され、値段以外の諸問題の解決になるかもしれない。


さすがボク、素晴らしいアイデア。



もう一つ帰国時に感じたのは、駐車料金が高い。
駐禁を民営化したからだろうか?数年前に比べると、大阪は特に駐車料金が全体的に上がっているようだった。
そこで、


●企業定休日は駐車場経営


定休日や休み前の夜に混む駐車場。
値段は高い上にどこも空いておらず、同じ道をクルクルクルクル。

少しでもその問題を解消する為に、
銀行や企業など、駐車場を誰も使っていない定休日や営業時間外は駐車場として貸し出しても良いというアイデア。

営業許可などを簡単に取得できるようにすれば企業も副収入が得られ、駐車料金の競争や駐車場選択の増加など市民にとってもマイナスにはならず、両者儲かり一石二鳥。


大阪で知り合いの駐車場経営者と話したら、
「あの民営化以来、皆な駐禁しなくなってボロ儲けだよ。」
と言っていたので、関連企業の方には申し訳ないが、
市民の為に受け入れてもらうしかない。


さすがボク、素晴らしすぎて自画自賛の言葉も浮かばない。



この駐車場のアイデアが現実のものとなった時、
駐車場は収益が落ち、あまりにも関連の方々が可哀想。
別の収益源を確保させなければ不公平である。
そこでこのアイデア・・・


●駐車場を大きな広告に


色んな物が広告となる平成のこの世の中。
意外と盲点なのが駐車場のドデカいスペース。
ただのアスファルトを広告と据えるこのアイデア。

停車率が100%に近いところは駐車スペース以外の歩く所を、郊外など空車率が多いところは駐車場全体を広告とすれば、おのずと目に付く穴場の広告となる。


運転して「腹減った~。」という時に、ふと地面を見ると

→300M先にマクドナルド

と駐車場使用者や通行人も対象の広告が。
効果は言わずもがな。


これは大きなショッピングセンターにも応用でき、
看板に広告費を払うくらいなら駐車スペースで宣伝し、
アピールするのも悪くない。

そんな場所でありがちな「あれっ、どこ停めたっけ?」も、
「マックの広告の所よ。」と違う問題の解決にもなりそうだ。



素晴らしいアイデアの連鎖。
一つ画期的なアイデアが出たら被害を受けるところが必ず出る。
電球が開発された時、ロウソク会社は被害を受けたはず。


世の運命と受け入れるしかないこの現状に、
被害を受ける企業へもフォローアイデアの提唱。
もうボクは神の領域に入ってしまったのかもしれない。

素晴らしすぎて記念撮影してしまった。



法律問題など、実現可能かどうかは知らんけど。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
コロナコロナとは、太陽を取り巻く外層大気のことである。日食などで観測される、太陽の周りに見える自由電子の散乱光を指す場合もある。太陽の大気は層状を成していて、表面から温度が最低になるところまでを光球、温度最低点からある程度温度が上がっていくところを彩層、
2007/09/14(金) | いろんな会社のご案内
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。