FC2ブログ

黒色ブームに乗って。

ここでは、「黒色ブームに乗って。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国に来てから『食』がガラリと変わってしまった。
毎週のように食べていた寿司は月に一回くらいになり、
毎日飲んでいたコーヒーはめっきり疎遠になってしまった。


中国でも寿司屋やコーヒー店が増えてきたとはいえ、
市民に定着したとはまだまだ言えず、店舗はさほど多くない。


逆に増えたのが果物の摂取。
日本では全く食べなかったのに、
中国では安さと手間のかからなさに重宝して、
毎日のように食べるようになった。



コーヒーの変わりに飲むようになったものはコーラ。
たまに、ほんのたまーに飲みたくなるコーラ。
何なんだ?あの黒々とした不気味な液体は?


中国では2ℓのペットボトルが5~6元(1元≒15円)という
安さも加わって、最近ではボクの水分摂取のレギュラー入りが目前だ。



コーラと言えばコカ・コーラかペプシ・コーラ。
どちらが好きかと問われても味の違いはあんまり分からないし、
正直どちらでも良い。

コーラの味は同じようなもので、
ともにライバル視している会社なのだが、
二つの会社の内情は全くの正反対である。



内情を一言で表すなら、コカ・コーラは保守的な日本型企業、
ペプシ・コーラは現代的なベンチャー型企業と言える。


まず、重役や責任者を基本的にコカは社内生え抜きで選ぶのに対し、
ペプシはヘッドハンティングや引き抜きが多い。


CMについてもその傾向が表れていて、
コカはイメージを崩さないような爽やかなタレントを使う昔ながらの手法、
ペプシはペプシマンという奇抜なキャラの発案による
若者層へのブランディング戦略に重きを置いている。


だいぶ前に聞いた話だが、
海外販売戦略においてもペプシは
ある程度の決定権を現地法人に持たせた俊敏性を武器に、
本社の意向を待たないといけないコカに対し先回りしたという。


両者の売り上げなどは知らないが、時代の流れを見ると、
ペプシが顧客を徐々に奪っていく図が想像されるが、
コカの知名度や提携企業とのコラボ、
衰えを知らない新商品のアイデアなどは
古い企業体質とは逆に新鮮なモノばかりで、
この名実共にアメリカのトップ企業を打ち負かすのは
非常に難しいように見える。



ここまでコカとペプシの企業内情の違いを述べてきたが、
ボクが言いたいのはペプシ頑張れ的な応援ではない。



コカ・コーラもペプシ・コーラもどっちもコーラ。
なのに好き嫌い関係なく呼び名は

 コカ・コーラ = コーラ
ペプシ・コーラ = ペプシ



ペプシかわいそう。

ペプシ二の足踏んでる。

言いにくい。「ペプシ」って言いにくい。

かといってペプシは「コーラ」って呼べない。

遅い世代に生まれた運命。

運命を受け入れるしかないのか?

そこで、



ペプシに変わる新しいネーミングを考えてみた。



先ず一つ目。


●第二次黒色爽快系炭酸飲料


いきなりの衝突事故。

またやってしまった。
久々の命名師としての任務に緊張して情報を詰め込みすぎた。
同じ過ちを繰り返している。


落ち着こう。
ペプシの今後のマーケティングにも関わる重要な問題だ。



覚え易い名前が良い。
元祖コーラをリスペクトし、2番手という事実を受け入れて、


●コーラツー


何だか歯磨き粉の名称のようになってしまった。



ではコーラで一番、コーラの源はウチだ!
という自己主張を前面に出し、


●コーラ源(コーラゲン)


何だかコスメ商品の臭いが漂ってきた。



どちらもネーミングとしてもパッとしないし、
「コーラ」と名称に入れると、コカ・コーラとの区別化ができず、
コンセプト自体が成立しなくなる。



コーラを象徴しているのはやはり、
あの成分が何なのか分からない黒さ。


最近「スターフライヤー」という航空会社が
黒いトイレットペーパーをはじめ、
備品や座席まで黒に統一して高級感を出し、
顧客に好評だった例もある。


ここは黒い飲み物という独特な色を名前に込めない手は無い。
黒い綿棒や黒いまな板などと共に「黒ブーム」に乗り、
ブランド戦略が簡単に、名前と共に行えるかもしれない。


●黒液(こくえき)

●黒水(くろしゅい)

●黒子

●黒船

●開国シテクダサ~イ

●黒飲料

●黒黒(こくこく)

●黒田アーサー

●家なき黒

●大黒様

●クロコダイル

●クロック

●クロマティ

●ブラックマン

●ブラッカイマー

●ニガー

●ヘイ!ニガー

●ニガー?ナメテルノカ?アジアン

●シニタイノ?

●いや、そうゆうつもりじゃ・・・

●アイムソーリー

●ヒゲソーソー

●中曽根ソーリー

●アエテ12ダイマエノ ナカソネ デスカ~?

●モリソーリー ノホウガ ゴロガイイネ~!

●うっさいわ!ニガー!

●オマエ ワロス コロス

●2チャン言葉!?



適当に候補を並べたが、『黒黒(こくこく)』などは、
黒というイメージカラーと、コクコク飲むという様子を
的確に表している良いネーミングではないかと思う。

この例を参考に、ペプシマンと話し合って決定したいと思う。



近代的な経営体質なのだが、
コーラ関係の新商品が思うようにヒットしないペプシ。

マクドナルドと提携して
世界規模でブランドを確立しているコカ・コーラに対し、
まだまだコカ・コーラの二番手というイメージを払拭できないペプシ。


この世界規模の会社と戦うのが辛くなったら、
ちょこちょこシェアの取れる地域を攻めるのはもう止めて、





合併しちゃえば?



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント

ちょwwwwww
うぇっwwwまぢ?www

ここで敢えてスターフライヤーを出したのは北九州人の私を「釣る」ためですか?(笑)
黒なのに字なんですけどね、スターフライヤー…。

と、本題とずれたコメしてみるテスト。
2007/07/08(日) 18:45 | URL | 桃李 #-[ 編集]
お寿司屋さんやコーヒー屋さんは、あんまりないんだね~。

コーラは、子供の頃から炭酸が苦手なので、
滅多に飲まないなぁ。
ほんと、コカコーラとペプシって、違いが分からないです。

さむらいぶるーさんて、ほんとに若いの?
古い事もよく知ってるのね~。

2007/07/09(月) 01:00 | URL | ぼお #-[ 編集]
そうです、桃李さんを釣る為です(笑)。
東京-北九州の便しかない若い会社ですから、赤字はご愛嬌で。
航空会社で黒字の方が珍しいですし。
でも企業体質を見ると、期待の持てる会社です。
2007/07/09(月) 08:24 | URL | さむらいぶるー #-[ 編集]
外国人の多い街には点在しているんですけど、中国人にはまだコーヒーや寿司が定着してないのでね。
コーラ最高!!

ぼおさん、ボクはれっきとした若者です。
最近24歳になりました。v-221
2007/07/09(月) 08:26 | URL | さむらいぶるー #-[ 編集]
お誕生日おめでとうv-384
24歳かぁ。若いっていいねv-398
わたしはずいぶん、お姉さんだわ~・・
2007/07/09(月) 09:13 | URL | ぼお #-[ 編集]

Σ( ̄口 ̄*)!!!!!

そんなに若かったとは知りませんでした…。
いや、いい意味で…(汗
2007/07/09(月) 19:35 | URL | 桃李 #-[ 編集]
ボクは綺麗なお姉さんは大好物なので、40までなら大丈夫です。
安心してください。

15の時から老けてる老けてる言われていますが、もう落ち込むことはないですね。
アラブ系や黒人には敵いません。
2007/07/10(火) 09:22 | URL | さむらいぶるー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
スターフライヤー(Star Flyer)は福岡県北九州市に本拠を置く2006年3月に新北九州空港が開港するのに合わせて就航予定の新規航空会社。概略社名:株式会社スターフライヤー設立:2002年12月17日本社:北九州市小倉北区米町2丁目特徴個人型液晶TV。170席クラスのエアバスA32
2007/07/26(木) | 航空会社を考える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。