FC2ブログ

マルコポーロって何か響きがエロい。

ここでは、「マルコポーロって何か響きがエロい。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルコポーロが東方見聞録で
「黄金の国ジパング」とでヨーロッパ諸国に紹介した我が国ニッポン。

一説には噂を聞いただけで実際は根拠の無い推測とされる
東方見聞録の記述はほぼ正解だったと言える。



黄金の国ジパング。



今でも諸外国がこのジパングの黄金の流出に必死である。



最近のハリウッド、というか何年も前からハリウッドは
中国での興行が採算ラインを超えないと判断し、
ターゲットを日本に合わせた映画を作り続けている。

「SAYURI」や「WASABI」や「ラストサムライ」、
最近では「トロイ」や「硫黄島からの手紙」などなど。


ボクはこの手のアメリカが作った日本映画は劇場で観たことが無い。
前の記事でも述べたようにこのような、
『アメリカが作ったなら見てみよかい。』的な感じが嫌で、
ここはササヤカな反抗としてオザキ度を発揮している。


「SAYURI」や「硫黄島~」は中国の海賊盤で見たし、
「ラストサムライ」や「WASABI」に関しては、
TUTAYAで借りるのも何だか腹が立って、
友達が借りた時に一緒に見せてもらった。


日本のホラー系のアメリカ版リメイクやゴジラにしたってそうで、
日本人が日本人で撮った方が背景も相まって怖いし面白いし、
あの毎日マックばっか食っているブタ共に
日本人の「わびさび」は表現できるはずがない。


「硫黄島~」に関しては今までのアメリカ戦争映画と趣が異なり、
日本人目線の撮り方は評価に値するが、
日本人がアメリカの撮る『嘘ニッポン』に慣れてきて、
そういった方法を取らないと売れなくなってきている
苦肉の策だということはいわずもがな。


最終的には愚弄な表現だが、

南京大虐殺事件を歪曲して日本人目線で撮る。

ことになると思う。



音楽業界も同じ流れである。
『コンニチハ、スシ、ハラキリ』と三単語くらいしか喋れない
外国の音楽家が来日後に覚えた『ニッポンダイスキネ。』と
歯が浮くどころかアゴごと浮いてシャクレになりそうな
リップサービスでキャーキャー言われて日本での人気を得ようとしている。


メロディーやスタイルが好きと言うなら解る。
しかし意味の全く解らない歌詞を聴いて『共感するー。』
とはどういうことか?

そんな訳も解らず皆な好きって言ってるし丸出しのおバカちゃんは
義務教育から受け直し、「友達100人できるかな」でも
聞いていれば良い。



音楽業界もやはりこのジパングの黄金を
流出させようとしている事は明白であり、
そんな列強諸国の来日してのアピール活動の中で
アジア勢も積極的にこの流れに乗ろうとしている。



ちょっと前の韓流ブームにしても、
『韓国人なら誰でもええんかい!』と言いたくなるような
韓国でも認知されていないクサレキムチヤローを日本に送ってきたり、
もういい加減にしてほしい。



これらは日本人は諸外国から完全なるバカと思われている証拠。



『ほらほら~、ハリウッドで作った映画だよ~。』
『貴方の大好きな韓国のカッコイイお人形ですよ~』

と子供に飴を与えるかのようにモノを垂れ流し、
それをヨダレを垂らしながら欲しがる日本人。
飴を渡したら簡単に黄金を垂れ流す日本人。



やはりジパングは鎖国を続けるべきだった。



中国で旅行をする時、日本人は簡単にボッタくられる。
博識なバカが多い為か、中国では値切るのが当たり前と知っていて
当然のように値切り満足して買うのだが、
その値切って満足した値段が市場価格の2倍だったり。



日本の常識は世界の非常識。
何で鎖国を解いたんだ、徳川の何代目かよ!



そんなジパングの黄金垂れ流し作戦を展開する欧米に習い、
中国から新たな刺客が送り込まれてきた。



名前を林俊杰(リン・ジュンジェ)と言い、あだ名はJJ。
中国通の方ならすでに知っていて当然のこの方は、
台湾出身の実力派シンガーソングライターで
柔らかな歌声と綺麗なビブラートで中華圏では立派なスター。

更なる飛躍を目指そうとジパングへの進出を試みている訳だが、
その日本用のアピール写真が届いたので紹介したい。















笑顔のJJと横たわるモデル。
モデルのお腹に乗っているのはそう、


刺身である。



日本での認知度を高めようと、
日本人に気に入られようと彼らは女体盛を実演したのである。
最近中国の日本料理屋で女体盛が問題になった直後である。


補足として手前の水の入ったコップは猫よけである。
ドラ猫がお魚をくわえて愉快なモデルが裸足で追っかけて
メチャクチャにならないように置いている。



日本の伝統的なアニメ「サザエさん」をも連想させる
この写真をどう受け取るかは皆さんにお任せしたいと思う。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント

サラッと難しい文章の中にユーモアを兼ね備えているなぁ…と拝見しているわけですが。

詳しく語られているかと思ったところで
>何で鎖国を解いたんだ、徳川の何代目かよ!
この「何代目か」は意図的なものなのか、はたまた…本当に知らないのかと裏の裏まで考え…。

そして最後に「女体盛り」を持ってくるあたりがもうツボですね(笑)
2007/06/29(金) 19:47 | URL | 桃李 #-[ 編集]
>桃李さん

考えすぎありがとうごさいます。
ボクはそんなに賢い人間ではありません。
しかしお褒め頂きありがとうございます。

ありがとうございます。
ありがとうございまさー。
ありがとうございませすと。
2007/06/30(土) 02:28 | URL | さむらいぶるー #-[ 編集]
きゃあ、すごいね。
ほんとにお刺身なの?
最初、ブタの丸焼きか何かだと思ったわ・・
(それもおかしいけどv-389

さむらいぶるーさんって、ほんと物知りですね~。
お仕事しながら、色んな事に詳しいなんて、
とっても素晴らしいわv-352
2007/06/30(土) 13:55 | URL | ぼお #-[ 編集]
>ぼーさん

このモデルの足もブタみたいですもんね。
共食いですね。

ボクは実のところ天才ではありますが、
モノ知りではありません。

ボクを褒めると、木どころかピサの斜塔を登ってしまうので止めてください。

それと結婚してください。
結婚して月1ぐらいでプリン作ってください。
ボクは本気です。
2007/06/30(土) 19:11 | URL | さむらいぶるー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。