FC2ブログ

ギャンブルにおけるサムライ魂について。

ここでは、「ギャンブルにおけるサムライ魂について。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マカオのカジノが2010年までに
9ヶ所増え、35ヶ所になるとの報道があった。


カジノと言えばラスベガスかマカオと言われるくらい
どちらも至る所にカジノがあり、まさに外国という感じだ。

アメリカに留学している妹がギャンブル好きの兄を思い、
『ラスベガスは空港にもスロットの機械があるよー。』
と嫌味を込めたメールを送ってきた事を思い出す。


中国政府の発表なのでどこまで信じて良いか分からない情報だが、
マカオのカジノは今年収益の面でもラスベガスを抜き、
北京五輪、上海万博までの旅行者の増加を見越して
勢いは止まらないようだ。



皆さんカジノに行った事があるだろうか?



ルーレットやバカラ、ハングリー・タイガーと呼ばれるスロットマシンや、
ダイショウと呼ばれる(サイコロ3つを使う遊び)チンチロのような
中国特有の遊びもある。


賭け金やチップが高いイメージを持っている方も多いと思うが、
マカオのカジノに関して言えばチップは必要なく、
スロットなどは2HKドル(32円)から遊べる。


会員制の金持ちのクソ共が集まるカジノ以外は
大抵24時間営業でカジノは市民の娯楽として定着している。



日本には何故カジノが無いのか?



大阪に住んでいた時、
舞州(まいしま)という無駄な外観の無駄な施設ばかりのある、
埋め立てた島自体が無駄という埋立地に
カジノを誘致するという噂を何度か聞いた。
(舞州は五輪誘致の為に建設されたが、誘致失敗。
埋立地だけに、その五輪の埋め合わせにカジノだったのかもしれない)


その後も石原都知事などのカジノ解禁に積極的な発言を聞くと、
やはりカジノは大きな収益になることは間違いなく、
東京都も大阪府もカジノを設立したいようだ。



地方のトップをも屈服させて、カジノ設立を反対しているのは誰か?



詳しくは知らないが容易に予想は立つ。
多分、競馬屋とパチンコ屋などの現存のギャンブル業界だろう。
力は弱いが競輪、競艇界も黙っちゃいないはず。



悲劇のヒーローナリタブライアンと
天才・武豊の存在でブームに火がついた競馬界。

たまに行く競馬場にはボクと同い年くらいの
若いカップルがイチャつきながらマークシートを
愛の共同作業で埋めていた姿をしばしば見かけた。
(ジャマです、死んでください。)

オヤジの趣味とされていた競馬が若者にまで広がり、
既に市民の娯楽として定着している。

その後人気は下降線を描き、
100年に一頭の逸材と評されたディープインパクトが
涙モノのラストランで引退を飾り、
あの名馬に匹敵するサラブレッドがいなくなった今、
ブームは終わると予想される。



パチンコ屋も最近は行政の規定がドンドン厳しくなり、
(これは風俗店経営、広告、パチンコやスロット台のシステムの規制
など多岐に渡り色々な要素があるが割愛)
ボクの予想ではここ3~4年を目処に、
1/4のパチンコ、スロット屋が閉店に追い込まれる見込み。



この競馬人気の陰り、パチンコ屋への行政の規制を見ると、
いよいよ日本でカジノ開設の期待が高まる。



カジノができたら皆さん行くだろうか?



まずできるとしたら東京都で間違いない。
借金大国の大阪府も是非誘致したいところだが無理。
府知事が中川家の弟(太)に似てるから。

もしできたらTDLと共に東京都の観光地として
人が集まるに違いない。


週末は10時からパチンコ屋
 ↓
1時くらいから競馬場でメインレース観戦
 ↓
その後パチンコ屋へ
 ↓
夕食を食べたらカジノへ
 ↓
夜は徹夜でマージャン

と、ダメ人間街道まっしぐらの生活も夢ではない。



日本のカジノ解禁に賛成のボクはいったい何を言いたいのか?



もし日本にカジノができたら行きたい人は行けば良い。
しかし決して負けてはいけない。


競馬、パチンコ屋、カジノとギャンブル業界が不況知らずなのは
ギャンブルのシステム自体がすでに胴元が儲かる仕組みになっているから。
競馬は100円から賭けることが出来るが、
100円買った時点で既にボク達は25円損をしている(主に税金)。

競艇、競輪もシステムは同じで、
パチンコも似たようなモノである。


しかも不況の時ほどギャンブル業界は景気が良い。
不況でボーナス無し → 一発当てたい → イチかバチかの賭け
という人間が増えることにより、一層儲かる仕組みになっている。
宝くじなども同じ。


そのバカのなけなしのお金がどこにいくかと言うと、
政治家(国)の私腹を肥やしているだけ。



そんな血と汗が滲んだ大切なお金をドブに捨てることになる前に、
この「小市民ギャンブル」の伝道師、さむらいぶるーが教えます。



カジノで絶対負けない必勝法。



 1 先ず冷蔵庫やタンスの下着の下から100万円を取り出す。
    (無い人はオレオレ詐欺で金策)

 2 諭吉っちゃん一人ひとりにキス。
    (フリーキック前の、ボールにキスするジーコをイメージ)

 3 おもむろにその諭吉達を茶封筒に。
    (当たり前のようにしてはダメ!あくまでも小市民的な態度で)

 4 一張羅のジャケットを郷ヒロミのように羽織る。
    (ココは格好良く『ジャパーン!』を付けるとなお良し)

 5 ジャケットに100万円を仕舞う。
    (『来月も頼んまっせ、ダンナ。』と「ミナミの帝王」の
    竹内力のモノマネでリラックス)

 6 100万円を気にしてオドオドしながら電車へ乗る。
    (あくまでも小市民的な姿勢を保つ)

 7 100万円を気にしてオドオドしながら電車に揺られる
    (痴漢に間違われた場合は『ジャパーン!』と
    郷ヒロミのモノマネでお茶を濁す)

 8 変質者に間違われて鉄道警備の管理室へ。
    (『ジャパーン!』で許してもらえなかったら1万円で示談)

 9 99万円を気にしてオドオドしながら歩いてカジノへ。
    (タクシーを使っては絶対にダメ!とんだオノボリさん!)

10 初体験の方はカジノのボディチェックで高級感を満喫。
    (金属探知機でチェックされる時
    ソープで全身リップされてる時のような顔で)

11 取り合えず記念撮影。
    (多分警備員に止められるので1万円を渡して和解する)

12 98万円全額チップに交換。
    (10万円ずつとかは絶対にダメ!
    ここは裕次郎をイメージして優雅に、そしてさり気なく)

13 ルーレットの場へ直行。
    (ホールガールのケツには目もくれずルーレットへ)

14 取り合えず静観。
    (一言も喋っちゃダメ!茨城から来た事がバレてしまう!)

15 賭けのルールを決める。
    (50万円勝ったら必ずやめる。)

16 勝ちをイメージトレーニング。
    (勝ち金で風俗に行くイメージを100回脳内でリピート)

17 いよいよ勝負の時。賭け方はレッドorブラック
    (番号を推理して大金を稼いだ人はサクラ!惑わされないで!)

18 5千円分のチップを、赤黒どちらでも良いから適当に賭ける。
    (前の色の反対とか、赤のみとかルールを設けると良い)

19 勝ったらまた5千円赤黒どちらでも良いので賭ける。
    (どれだけ悩んでも1/2の確率です)

20 18で負けたら倍の1万円を赤黒どちらでも良いので賭ける。
    (2回目も負けたら倍の4万円)

21 負け続けたらその倍、またその倍と賭ける。
    (強い意志を持って!尾崎豊をイメージ)

22 利益が50万円出るまで永遠に18~21をループ。
    (目標達成したら必ず止める!絶対に!)

23 颯爽とカジノを後にし、五反田へ直行。
    (風俗嬢との顔合わせでは『ジャパーン!』を忘れずに)



詳しい方ならご存知だと思うが、これは「ナイチンゲール戦法」
という1/2ギャンブルの有名な賭け方だ。
この戦法は基本的に「負けないギャンブル」であり、
保守的な、非常に地味で基本的に短期戦だが、とても疲れる賭け方。


ボクレベルになるとディーラーの癖を読み、
赤と思わせて裏の裏の裏の裏の裏をかいて赤だ!
とか自信ありげに言って負ける事があるが
非常に高度な心理戦になるので素人の方にはとてもお勧めできない。


スロットで大金を手にしたり、
ブラックジャックで連勝している姿を見てしまうと
ついつい大金を賭けたくなるが、この戦法に必要なのは

一気に大金を賭けない強い意志。
負け続けても諦めない強い意志。
目標達成したらサッと止める強い意志。


と自分の欲に負けない強い意志。



計算したら解ると思うがストレートで100万円負けるには
1/2の7乗で1/128回に1回という計算になり、
普通の人間なら100万円付近をウロウロするはず。
この戦法でストレートで負ける人は逆に強いヒキを持っているので
十分にギャンブラーの素質がある。


勝ち続ける事もあれば負け続ける事もある。
その時にルールを破ってしまうのは負け組み。
この倍賭け、目標金額達成で辞めるというのは考えるだけなら簡単だが、
カジノの雰囲気や自分のチンケな欲に負けて
破ってしまう人も少なくない。


コレを出来た方はブラックジャックやバカラでも
応用が利くので困った時に使うと良い。



カジノの雰囲気を味わいたいだけの人も、
3万円なら3万円、5万円なら5万円と金額を決め、
絶対に深追いしてはいけない。


ここまで述べてきた

勝っている時に止める。
雰囲気に呑まれない。


というのは以前の記事でも述べたようにギャンブルに最も必要なこと。
大金を手にした人を見たり、ビギナーズラックなどで調子に乗り
ドツボに嵌る人は多い。


更にこのカジノやギャンブルに免疫がなく、
自分がドツボに嵌っているという自覚が無いのが一番タチが悪い。



ここまでカジノやギャンブルに擁護的な立場で意見してきた
「小市民ギャンブル」の代名詞さむらいぶるーですが、



際限ない自由には自分で規律を作れる。



ギャンブルには中毒性があると認識している。



欲をコントロール出来る。



この3つの内どれか一つでも欠けている人は
浮き足立っている旅行の時などに、
間違ってもカジノには行かない方が良いと警告をしておく。


負けた金は寄付されるなら救いもあるが、
あの腹黒い政治家への賄賂となり、
愛人の為のマンションの頭金として無駄に消えるのである。



マカオで中国人の賭け方を見ると非常に豪華だ。


賭けマージャンやカードゲームで一般市民レベルでは
日本よりギャンブルに対し免疫のある中国。

金儲けに関して一般市民レベルでは
日本人より積極的な中国。


しかしマカオでは毎日のように、
カジノに夢を託し、儚く散って乞食になる者がいるという。



全財産を持って血眼になってバカラに興じるその姿に
ボクは中国人の精神力の弱さ、幼稚さを垣間見る。



精神の成熟は経済発展よりも難しい。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
未成年な私には難しい話ですわ(^ω^;)

だがそんな職人の未練はだた1つ!!
ハルウララに全部賭けてみたかった(^ω^)

(そんな目で私を見るな!)

2007/06/24(日) 09:38 | URL | 職人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
・ギャンブルにおけるサムライ魂について。・競輪ネタ:ボートピア宇都宮、設置業者が市長提訴 不同意取り消し要求・カジノ解禁 賛否・宝くじが当たるかも!?・スロット・パチンコ史上最強の必勝常勝理論!・イーバンク銀行 実は美味しいお小遣いサイト?・北海道 新着人気
2007/07/22(日) | ギャンブルのレス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。