FC2ブログ

チャリティ・チャリティ。

ここでは、「チャリティ・チャリティ。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見ましたか?
フィーゴ財団主催のチャリティカップ。

ジーコ主催のチャリティは断った世界の中田さんが出るということで、日本でも放送があったはず。この件で中田さんはジーコとフィーゴを天秤にかけるとフィーゴの方が重いという自分のプライオリティを暴露した。
(ジーコとフィーゴはサッカー界の人間で漫才コンビではありません)



昨日の記事の続きを楽しみにしている、
全国68人の皆さんには申し訳ないが、今日はこの話をしたいと思う。
(リアルな数字だけどそんなに多くありません)



さてこのチャリティゲーム。コレを聞いてボクは、
『フィーゴやっぱすごいな。フィーゴ漢だね。』
と素直に尊敬は出来ない。

やはり好感度上げたいだけなんじゃ?と疑ってしまう。
疑ってしまうというか、それは必ずあるんだけど、
フィーゴのバランスシート的にはプラスの算段でやってんじゃないの?
というのが頭から離れない。
簡単に言うと、


好感度を上げたうえに儲けようとしてない?



選手にギャラは出てないんですよね?交通費は?
グランド借りるにしてもいくらだろう?1千万円くらいですかね?
入場料金は5ユーロからだと聞いたから席のランク考えて
10ユーロ × 5万人 くらい?
1ユーロ160円と計算して8千万円は総売りとしてある。
メディアへの放送権も結構な値段になるなぁ。
広告費は勝手にメディアがやってくれるからいいとして、
雑用などの人件費を1千万引いたとして・・・
かなり大雑把に計算してもマイナスにはならない。



本当に全部寄付しているのだろうか?そんな面倒な事するより一年に一回行くか行かないかくらいのデッカイ別荘売ってそのまま寄付する方が早いよ。フィーゴさん。


一年に一回募金をするくらいの人間が言うのもなんだが、
チャリティはどうも好きになれない。



わざわざカメラを呼んで、デッカイ豪邸に住んでいる貧困を一度も味わった事の無いセレブが、恵まれない人達の為にとアフリカに行って食料を1時間くらい涙を流しながら配って、撮影終わったら「その金額で彼らの村の平均寿命を一年は延ばす事ができるよ?」というくらい豪華なホテルでキャビアやらワインやらを楽しんで・・・


貧乏から叩き上げた人ならともかく、
同情は出来ても涙を流すほど共感は絶対に出来ないはず。

涙を流して本当にどうにかしてあげたいなら、
最低限の生活を営めるくらいの金を残してあとは全て寄付すれば良い。


はー。(溜め息)



試合自体も皆ダラダラしてクソ面白く無いし、
そんなチャリティについての雑念が頭に浮かんで楽しめないが、
日本の中田さんが出場という事で試合は後半からだったが見た。



『ん?どれが中田さん?』

『いた、いたいたいたいた、20番。似合わん。』

『うお、髪伸びてる。髪なげぇ。なげぇ。』

『蹴った、蹴った。走ってる。』



イブラヒモビッチや久々の中田さんに興奮して見ていた五分後。



飽きた。
なんなんだ?この蹴鞠(けまり)は。



チャリティカップでは現役の選手もいて怪我したらいけないので仕方がないが、サッカーとして面白く無い。完全に室町時代の蹴鞠である。

さすがに世界のスター集団だけに、たまに『おぉー。』というのはある。中田さんはその中で真剣にやっていた。走っていた。イブラヒモビッチという新種の病原菌のような奴のミスに天を仰ぐシーンも見られた。


でもプレーを見て面白いかと言うと・・・ねぇ。


観客はスターを見るためだけに会場まで足を運んだの?
それとも純粋なチャリティとして?ウェーブは誰の為にしたの?
スターに向けてしたの?それとも寄付先のアフリカの子供に向けて?



分かったよ。
ボクがアイデア出してあげるよ。
待ってたんでしょ?こう言うの。

という事で、



チャリティの試合をもっと盛り上げる方法を考えてみた。



まず真剣にやってもらわないと困る。
アレだけのスター集団も宝の持ち腐れとなる。
怪我する可能性があるというリスクを上回るメリットをあげれば良い。

しかし単純に賞金ではその資金が選手にまわり、
その賞金寄付にまわせよという声が挙がる。
もっとお金じゃない、皆が欲しいモノ・・・


●フィーゴからの熱いキス。


モデルも務めたことのある男前からの熱いキスなら、
男女を問わず嬉しいに決まっている。
あの濃い顔と濃い髭は好みが分かれるだろうが、
経験したら一生の思い出となる。



報酬以外のメリットが思い浮かばずくだらない提案をしてしまったが、ここはデメリットを与えるという考え方の方が適切かもしれない。


●負けたチームは試合後チャリティバレー1時間。


負けたチームは、広いグラウンドの真ん中であえてバレーボール。
興味の無い人やマスコミが次々と帰っていく中、
足を使うサッカー選手が手を使った競技を延々と・・・
と思ったがダメだ。

バレーは足も使って良いという事を忘れていた。
足だけでバレーを楽しむに決まっているし、
観客はスターを生で見るだけで嬉しい人が殆どだろうから、
帰らずに観戦してしまい屈辱の罰ゲームとはならない。



なら、罰ゲームという方向はそのままで、


●負けたチームは一人1000ユーロ(約16万円)づつ寄付。
 

これはいい案かもしれない。
あの面子なら払っても痛く無い金額だし、20人そこそこいるはずなので集めたら結構な額になる。しかし痛くない金額で真剣にやるのか?
単純に金額上げたらオファー自体拒否される可能性もでてくるし、
それによりスターが減って観客も減り、寄付金もおのずと減る。



なかなか良い案が浮かばない。チャリティ、スター選手、費用、試合の内容を結ぶ点はなかなか見えてこない。



という事でフィーゴさん、










別荘売って寄付して下さい。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
バレーって足使っていいの?
今まで知らんかったぞww
足でスパイクしちゃってもOKなの?w
って 出来るわけないかww
別荘売って寄付 笑っちゃったけど賛成です!!w
2007/06/12(火) 22:34 | URL | ひま #-[ 編集]
>ひまさん

そうらしいですよ。
象の出る試合は鼻もOKみたいです。
セパタクローですね。
2007/06/13(水) 04:22 | URL | さむらいぶるー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。