FC2ブログ

鬱を打つ。

ここでは、「鬱を打つ。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて前回の投稿でランキング削除の話をしたんですけど、
ボクはFC2のブログランキングに登録をしたとき、
「鬱日記ランキング」に登録をしていた。


これは初めてブログを作って、慣れない登録に
「カテゴリを選んで下さい(二つ以上もOK)」という
「ご自由にお取り下さい。」タイプのフレーズが記載してあって、
欲張りなボクはアレもコレもと色々チェックしていって、
「ボクもある意味鬱だし。」と鬱日記にもチェックをいれてしまって、

でもよくよく考えてやっぱ一つでいいやと外していって海外情報のみにしようと思ったら鬱日記にもチェックしたまま登録してしまったようで、まぁいいかとそのままにしていた。


そんな流れで鬱の方のブログを読んでみたんですけど、
皆さん薬の使用効果や症状の報告など情報交換したりして、
鬱病に対し真剣に取り組んでいらっしゃる。


そんなのを読んで遊び半分で鬱日記に自分のブログがあることは冒涜のような気がして即刻登録し直した訳ですが、

鬱の方のブログや症状報告を読んでもイマイチ分からない事がある。
根本的な問題で恐縮なのだが、





鬱病って何?





大まかに言うと、
「仕事にも対人関係にもヤル気が出ず、食欲もなくなり、
病気が進行すると眩暈や発作として身体にも病状が現れる精神病」

とこのような解釈で宜しいのですかね?



ボクの周りには鬱病の人がいないので、生の話を聞くことができないが、
要は「元気が出ない。」という事ですよね?


病状に関して細かく言えばパニック障害など色々あるようですが、
大抵の人はずっと「かったるい感じ」がしているという病気ですよね?



ネットで調べてもイマイチ理解出来ないんですが、
この鬱病の謎を解く鍵として「メンヘラー」という単語を耳にした。


「セックスなんてくそくらえ」というブログで目にしたんですけど、
ブログ名とはかけ離れた内容のネットの醜悪さの指摘や、ニュースに対する鋭い考察と意見に「何でこのブログ名にしたんだ?」と命名師として嫉妬するような発想のこのブログでメンヘラーという単語は、

鬱とメンヘラーは非常に近い存在。

という風に書かれていた。


メンヘラーというのは「Mental Health」の略語で、

ただの引きこもりが、引きこもる理由付けをするために鬱病患者のようにネット上で振る舞い、病状の酷さを競い合う人達。

簡単に言うと仮病精神病。

という事らしい。



このブログを読んだボクの結論は、

症状の程度や顕示意欲の違いだけで、鬱も引きこもりもメンヘラーもあまり違いが無い。

という風になった。



引きこもりも基本は鬱病と同じ考えで、
要は「何もヤル気が起きないから部屋にこもる」である。

メンヘラーはその引きこもりがずっと部屋にいてヒマなので、
引きこもりを病気と据えてネット上で無意味な虚言を吐いているだけである。



今日のブログの趣旨は
非生産的なメンヘラーへの非生産的な意見じゃなくて、

鬱病の処置として抗鬱剤は適切か?

という事である。



それ麻薬でしょ?

その後どうすんのさ?

抗鬱剤で鬱が直ったと勘違いした人が会社に行ってやっぱ鬱になったら、抗鬱剤無かった時よりダメージ大きくない?

明確な対処法が無い医師の苦肉の策だとしか思えない。



そのようなプラシーボ効果を含んだ処置も分からなくはない。
鬱の症状の悪化の原因はマイナスプラシーボ効果も関与しているとどこかのサイトにも書いてあったし。



プラシーボ効果とは、

例えば大きな手術をした患者に、
『いやー、普通の人より回復力が早いですね。』
と医者が言って、本当は普通の回復力なんだけど医者に言われたら信じてしまい、本当に精神力が高まり、回復が早くなるような、

人間の勘違いを良い方向に利用する。

という心理学の方法である。



マイナスプラシーボ効果とはその反対で、

例えば誰かが自分を嫌っていて、
うわさで、そいつが自分を呪う儀式をしているというのを聞いたとする。
すると財布を亡くしたり風邪をひいたり、普通のアクシデントを呪いのせいだと勘違いして精神力が弱まり、病気になるというような、

人間の勘違いを悪い方向に利用する。

ということである。



よく分からない方に簡単な例を挙げると、

テストの時80点だったとして、
『ムッチャ勉強したわー、90点くらいやろ。』での80点と、
『今回はダメやろなー、70点くらいかな。』の80点では、

同じ80点でも受け取り方で喜ぶか、
ショックを受けるかという違いといえば解りやすいのではないだろうか。



このプラシーボ効果を利用して、
抗鬱剤を使わない鬱病に対する適切な処置を考えてみた。



基本的に「元気が出ない。」というのが鬱病の根源にあるといえる。
まずこの「元気が出ない。」を片付けないといけない。


どうやったら元気が出るか。
イノキに会いに行くのが一番適切なんだが、あの方はとても多忙。
一人ひとりに元気を注入出来ない。



そこでボクは、

「怒り」によって元気を出す

という方法を推奨する。

何言ってんだ?このバカは。と思う方もぜひ聞いてほしい。


「ドラゴンボール」で、子供の悟飯がべジータと初めて対峙したとき最初は戦闘力5だったのに、悟空が瀕死になったとき怒りによって戦闘力12000くらいになったという例がある。


「怒りは人間のアイデンティティを引き出す身近な感情」

と分かっていただけるのではないだろうか。



ブログのコメントを見てもそうだ。
共感するー。とかのコメントと共に多いのは、怒りに包まれた反論のコメントだ。

わざわざコメントするという苦労を惜しんで反論するのは、
怒りによってパワーが出るという証拠。

アマゾンのベストセラーのレビューを見ても、圧倒的に反論が多い。



この「怒りによるパワーの注入理論」を用いて、
鬱病の対処法を提案したいと思う。



まず怒ろ。
対象は何でも良いから怒ろ。
ネットの誹謗中傷とかじゃなくて、日常生活で怒っていこ。

朝起きてタバコ吸うなら、
『吸って吐いて吸って吐いてってお前何様やねん!』て怒っていこ。

パジャマ着てんなら、
『パジャマて!何歳やねん!笑うわ。』て自分にも怒っていこ。

会社行って上司の目が気になるなら
『何見てんねん!カツラ!』て怒ってこ。


鬱になって会社も休みがちで、どうリストラするか考えられてて、
どうせ辞める事になるならタンカ切って怒って辞めよ。

ビクビクすんのも鬱病の人の悪い癖って言ってた。



これだけでかなり元気出る。



んで夜は友達誘って、
「室内の物を壊しても良いカラオケ」に行こ。探せばあるから。

無意味に置いてある花瓶なんかを、
日常の鬱憤を晴らすように怒りながら壊してこ。

んで歌お。
壊して歌お。
出来る人は壊しつつ歌お。


費用はかさむけど、病院に通うなら同じくらい払うので、
こっちの方がマシ。



これだけで更に元気が出る。
戦闘力3300くらいにはなる。
こうして気分を乗せたら後は自分との戦い。


ここから先はボクも医者も踏み込めない。
その3300のエネルギーを生活や仕事に変えることが出来るのはあなただけ。



とこういう事を書くと、
『ふざけるな!お前は鬱病がどんなモノか分かっていない!』
と怒る人が出てくると思いますが、



それもボクの戦略だということです。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
長い文章でした・・ふーーv-390
ばってん、すごう良か文章でしたね。うちも、そう思いますと。
薬は、無意味ですとよね。
病気を重くしそうだし、脳細胞いかれそうですたい。

薬は、飲まんほうがよかですね。
薬は、石油からできた合成化学物質ですからね。人間は自然。薬は化学。合うわけがなかです。

妹が欝になったときは、大変だった。
毎日毎日、話し相手になっていましたと。励ましたらいかんとです。ただただ、話を聞き続けるだけ。
でも、薬は、飲ませませんでした。そして、半年して治りました。今は、元気に仕事してますよ。
2007/06/09(土) 14:12 | URL | makoyan #-[ 編集]
感情に任せて行動したら
100%失敗してきたなぁ(´∀`)
って思い出しましたお。気を付けよう…

結論:悟飯は愚かだ(コラ)
2007/06/09(土) 14:44 | URL | 職人 #-[ 編集]
makoyanさん

長い駄文に付き合ってくだっさてありがとうございます。
経験がおありなんですね、発言に重みがあります。

薬は一時的で、大切なのは患者の心や意思だという事を言いたかっただけなんです。
妹さんが治ったのもやはり薬ではなく、makoyanさんの励ましの成果だと思います。

九州は福岡ですかね?感じから予想すると熊本かな?
ボクも生まれは九州の鹿児島です。
大阪に住んでいたので、たまに関西弁が出てきますけど。
どうでもいいですね。
では、これからも宜しくお願いします。


職人さん 

時にはなりふり構わず行動するのも良いモンですよー。
子供だとか言われたり失敗も多いけど、
勢いは時として必要ですよ。
結婚とか、経験ないですけど。

ではでは。
2007/06/09(土) 23:09 | URL | さむらいぶるー #-[ 編集]

先日、履歴に残っていたのでブログ拝見させていただきました。
「今」と「昔」の中国には大変興味があるので少し拝読させてもらいました。

先ほども履歴が残っていたので、お邪魔してみました。

私も「鬱病」です。
お薬の力、借りています。
自分がなるまでは「医者なんか行ったら薬漬けにされるだけ」と常々思ってましたし、人にも言っていました。

でも「なってみて」初めて気付くものもあります。
確かに減薬や断薬は辛いものです。
麻薬のようなものかも知れません。

でも鬱になってしまうと、その「怒る」という感情すらなくなります。
「鬱状態」と「鬱病」の境界線は、明確ではありませんし、お医者様の見解の相違もあるでしょう。
「鬱状態」で病院へ行けば、おそらくほとんどの医師が「鬱病」と診断をつけるでしょう。
何かの病気にしなければ治療も薬も出せませんから。

現在はお薬の力を借りて、普通の生活に戻れるようにもなったし、こうやってバカらしいブログもできるようになりました。
物事の考え方を変えればいいのだと、自分にその癖をつける努力?もしています。
そう思えるようになる手助けをしてくれたのがお薬だと自分なりには解釈しています。

お薬を飲むことの良し悪しはわかりません。
副作用で苦しむこともあります。
自力や周囲のおかげで治せる人も沢山います。

ただ、ひとつだけ。
お薬を飲む人を否定だけはしないであげて下さい。
プラシーボ効果でも、治ればそれでよし。
離脱に苦しんでも、「それで治るのだから」と思えればよし。
理解を求めることはしませんが、そうやって薬の矛盾に気付きながらも戦っている人を否定するのだけは、どうかやめてあげて下さい。
私もその中の1人です。
自分では「もう治ってるんじゃない?」と思ってますが…。

さむらいぶるーさんの記事を否定しているわけではありません。
なるほど、それもひとつの考え方なんだな…と思います。

長々とすみません。
また、不快な思いをさせたなら申し訳ありません。
2007/06/10(日) 05:57 | URL | 桃李 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。