巨神兵とロボット兵の違いが分かる男。

ここでは、「巨神兵とロボット兵の違いが分かる男。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の誇れるモノとして一つ、
アニメーションというものがある。


世界中で愛されているジャパニーズアニメーション。その人気ぶりは説明の必要がないと思うので割愛させて頂くが、その代表格は、何と言っても宮崎アニメであろう。


子供に限らず大人でも楽しめるストーリーと、素敵なキャラ設定、話の中に暗喩された人類の抱える問題の提議、何度見ても飽きない完成度。
素晴らしいの一言に尽きる。


その中でボクは『天空の城ラピュタ』が一番好きなのですが、ことラピュタフリークからみれば、ボクなんかヒヨッ子で、「所詮は大衆的な好きだ」と軽蔑することでしょう。
そして、ラピュタフリークには、共通してある主張があるらしい。


ラピュタに『ロボット兵』っているじゃないですか。
あの、ラピュタ城で一人生き残り、お墓に花を添えていたあいつです。
んで、ラピュタフリークの家には、必ずと言っていいほど、ロボット兵の人形なりフィギュアなりが置いてあって、それを見たボクは、必ず「あっ、巨神兵だ。」と間違って言ってしまうのです。
すかさず「巨神兵はナウシカに出てたやつ!これはロボット兵!!」と鋭いツッコミが入るのですが、そっからのオタク話が長いのなんの。


オタクぽい男なら分からんでもないのですが、年頃の女性が、宮崎アニメのヌイグルミを部屋中に飾り、巨神兵とロボット兵の違いを説明(説教)するのは、どうにも解せない。折角女性の部屋に行ったのに萎える。


バッサリ要約すると、ロボット兵は巨神兵よりも優しい。
ロボット兵は、無理やり戦いを強いられていただけだ、とゆー感じだったと思うのですが、それは違うんじゃないのかと。あれは元々戦闘用だったはず。劇中には戦闘のシーンが然程ありませんでしたので、フリークの方々は美化していますが、あいつの本質はただの戦闘用ロボットなんです。


そこで、ラピュタフリークに反論するために、
そして折角行った女性の部屋で何時間もヒドイ説教(拷問)を受けた無念を晴らすために、



ロボット兵の本質を激写してきた。





●「はいっ、オレ結構ダークっすよ。」

●先ずは肩慣らし。

●「足長いから、こんなんも出来るよ。」

●じゃれ合っているのかと思いきや…

●「ヨイショ!!」

●ドスーン。

●これは本当に可愛がっているのかも。

●「と見せかけて…ホレ!」

●ドスーン。

●仲間にも容赦ない。

●非情さをアップで。

●倒れてもなお。

●「さすがに疲れたし腹減った…ん?何だコレ?」

●「ブッサイクな顔してんな。」

●「ちょうどイイや、休憩しよ。」

●すると強敵現る。「これには勝てないかも。」

●「どうにか、コレで…」

●食いつきの良い強敵。

●「ん?何だこの穴。」

●「もしやコッチの方が…」

●「よかった、帰っていく。」

●「あっ、リンゴが二つもある。」

●「コッチ食べよ。」

●「ん…んんんががががぁぁぁーーーー!!」

●毒リンゴだったようだ。

●「って、ロボットが死ぬか!アホ!」 ノリツッコミ。

●「性格がダークで彼女もいないし、仕事もないし、生きる気力をなくしました。さようなら。」





ご覧頂けましたでしょうか?
アニメだからこういう部分は隠されていますが、モノの本質なんて結局こんなもんなんです。二次元の世界に浸る変人どもはそこまで考えていないでしょう。
オタク女!!お前は特に!!
やれると思っていた美人の部屋に行って、よもやあんな拷問受けて、泣きながら帰るなんて思ってなかったぞ!金返せ!!



結局、ボクが一番タチ悪い。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/11/21(水) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。