FC2ブログ

アンチアンキム。

ここでは、「アンチアンキム。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キムタク



最近、北京のセブンイレブンで見かけるギャッツビーの広告。
中国でも木村拓哉の知名度は高い(コチラを参照)


木村拓哉さんがデカデカと写っており、風を感じている様は一時期の『T.M.Revolution』みたいで非常に格好が良い。
一度でいいから抱かれてみたい。


ボクの中で木村拓哉のカテゴリは俳優である。アイドルとして歌を歌ったりバラエティー番組に出演しているようだが、歌はボクの方が上手いし、喋りは下手糞の部類に入る。


彼を含めしばしばジャニーズの面々は、面白い&カッコイイを共存させようとしている雰囲気が漂うが、ジャニーズの面々が全員面白い&カッコイイを併せ持ってしまえば、世の男性はヤル気を失うやん。やるせないやん。そんな事、神様が許してもボクが許さない。
ジャニーズの中で本当に面白いのは一握りなので、無理をして笑いを取ろうとしないで頂きたい。特に木村さんクラスは。


木村拓哉の本領が発揮されるのは俳優業だと思っている。
ドラマでは極めて自然な動作や台詞で観る者を飽きさせないし、ドラマにありがちな「えー?普通、この場面でこんなこと言う?」という不自然さが全く無い。時代劇も妙にハマっていて、いつか観た『1/47』という赤穂浪士を描いた作品では衣装も似合っていたし、殺陣捌きも抜群に素晴らしかった。


なのに、何故か多いアンチ木村(アンキム)。
アンキムはしばしば「木村拓哉は同じ様な演技しかできない。」
と俳優としての彼を否定する。


確かに近頃のドラマはどの役も木村拓哉風味が抜けていないような気もする。時代劇映画『武士の一分(いちぶん)』を観た時は、木村さんの現代劇風演技に違和感を感じ、「これ演技してるか?」と疑問を持ったこともある。作品も駄作だったし。
そこだけ観ると、俳優としての彼は色々な役をこなせる演技派とは程遠い。演じる幅が狭いというのも否めないかもしれない。


でも、例えば『HERO』と『ロングバケーション』を比べてみると、確かに違う人物像を作り上げているし、『空から降る一億の星』については全く違う。


ボクがアンキムの方々に言いたいのは、彼はあえて一貫して演技スタイルを崩さずやっているんだって事。あえて、である。
全く違う役作りくらい簡単に出来るのである。やっていないだけであって、やれば出来る子なんですが、もはやそんな必要はどこにもない。


木村拓哉という人間は、俳優というカテゴリの中の小さな物差しで測れるような器ではない。かつての三船敏郎がそうであったように、今で言うと田村正和がそうであるように、本物のスターというのは、いつでも自分のスタイルを崩さないものである。


木村拓哉はそれら歴代の名優と肩を並べるくらい実力のある俳優…いや、俳優という枠に収めるのも気が引ける。
そう、既に本物のエンターティナーに成りえたと言っても過言ではない。


そんなスパースターの信念を理解出来ないアンキム達は、
「同じ演技しか出来ない。」と目の敵にしているが、それ以外のアンチ意見を聞いたことがない。そうなるのも当然で、一流であるが故に、木村拓哉にはそこしか指摘するような欠点がないのである。
その指摘もスットンキョウだし。


アンキムの根本にあるのはただの天邪鬼ではないのだろうか?
大多数に支持されている木村拓哉を否定することで優越感に浸りたいだけではないのか?「オレは演技を見る目がある玄人だぜ。」とアピールしたいだけなのではないのか?


「アイドルの演技は薄っぺらい。」と固定観念で嫌っている人もいるだろう。
その意見にはボクも賛成で、現にジャニーズの一部は実力も無いのに堂々とドラマでも映画でも主演できる環境にあって、素人目から観てもクソな演技を恥ずかしげもなく披露しているが、


木村さんをそんなゴミ共と一緒にしないで頂きたい。
相対的に言うと、木村拓哉さんは環境保護製品。
一般のゴミとは分別していただきたい。
別格ってのが分からんか?


何よりドラマが嫌いだったボクに、ドラマの素晴らしさを教えてくれた人である。これからも俳優として、エンターティナーとしてアンチアンキムのボクらを楽しませて欲しい。


思うに、彼は結婚してから演技が上手くなった気がする。
所帯を持ち、家族が出来て何かが変わったのだろうか?
だとしたら、他のSMAPメンバーも結婚して落ち着いた方が良い。


リーダーだの孫悟空だのチョナンカンだの。
はしゃぎすぎ。もういい歳でしょ。
特に香取さんは子供みたいに落ち着きがなさ過ぎる。



この記事もオチつかないのはご愛嬌って事で。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/06/10(月) 12:21 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。