FC2ブログ

相撲は単純だが、奥が深い。

ここでは、「相撲は単純だが、奥が深い。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相撲、それは日本の国技。


昨年の相撲界は大揺れだったようですね。
横綱が、あの神聖な横綱が仮病で興行休んでモンゴルでサッカーして相撲界のイメージをぶち壊した、って横綱というモノがどれくらい神聖なのか知らんけど、そんなんしてたと思ったら、今度は相撲の稽古中に新人がリンチされて死亡。マスコミはこぞって相撲界にバッシング、
ついでに八百長疑惑もバッシングと。


皆さん巨漢のちちくり合いに興味ありますか?


ボク的には全く…それはもうビックリするくらい相撲に興味がない。と言うか嫌い。記憶を辿ってみると、ボクのじいちゃんが相撲好きで、子供の頃じいちゃん家に行くと必ずじいちゃんの膝の上に座らされて、巨漢の愛撫を強制的に眺めさせられたのが相撲嫌いの根本的な原因ではないかと思います。


相撲と同じ時間帯のアニメが見たかったボクはじいちゃんに、

「このデブ何キロ?」
「120キロって何グラム?」
「120000グラムって何オンス?」
「4000オンスって何バレル?」
「バレルって一体何?犯罪が見つかる確率?」

と相撲に集中したいじいちゃんを質問攻めし、「分かった、分かった、アニメ見たいなら見せちゃる。」とチャンネル権を奪ってデブを見続けさせられるという拷問から脱し、アニメに没頭したもんです。


子供が楽しめるはずがありません。
デブがぶつかり合って線を越えただの、手が地面に着いただの、ハッキリ言ってエキサイトに欠けるし、普通の大人でも面白くありません。国民が相撲を見てエキサイトしていたのも今はもう昔、このまま悪いイメージを拭うことが出来なければ日本の国技、今や世界の「SUMOU」となった日本の伝統的スポーツはその姿を消す可能性だってあります。


極端な事を言っているように聞こえますが、その可能性は大いにあります。まず競技する人間の数が極端に少ないし、趣味が相撲なんて人滅多に聞きません。その競技の面白さや難しさを体験出来なければ興味を持つことなど出来ないし、好んで見るはずがない。よって観客はこの先も減り続けるはずです。


未だに無くならない八百長疑惑。
一部の力士に頼った興行活動。
閉鎖的な協会と問題の多い力士部屋。
分かりづらい結果とルール。


相撲協会は危機感を持った方が良いと思います。
数あるマイナス要素を差し置いて、「横綱が外人力士ばっかりだ。」とスットンキョウな事を言っている場合ではありません。元々身体の小さい日本人には不利なスポーツなんです。
もっと根本的な問題に目を向けなければなりません。


朝青龍の一連の行動だって世論からは非難されていますが、国民の目を相撲に向けさせたという点に於いては誉められるべき行為です。表向きは非難しなければならないとしても、相撲協会に向上心があるなら、「ありがとう、朝青龍。」と報奨金をあげてもいいくらいです。


今現在も観客が減り続け、この先も減り続けるであろう注目度の薄い日本の国技ですが、それに噛み付いている相撲協会よりもスットンキョウな国が一つ。



韓国人の主張:相撲の発祥は韓国。



韓国には「シルム」と言うモンゴル相撲に近いスポーツがあります。韓国の数少ない伝統的なスポーツの一つなのですが、日本の文化は何でも自分のモノにしたい韓国人は、相撲の発祥は韓国であると言い出だしたのです。


相撲の発祥はいつ頃なのでしょうか?
神事として始まったのは知っているのですが、ボクはいつの時代から始まったのかハッキリ知りませんし、客観的にみると相撲が韓国から伝わった可能性もあると思います。


しかし、二人の人間が取り組み、押し合うだけの単純な動作であるが故、ブラジルにもトルコにも相撲と似たような競技があるし、今となっては何処が発祥の地であるかを議論するのは非常に難しい。韓国人はただ日本に対し優越感を持ちたい為にこじつけただけだと思うのですが、ちゃんと構ってあげるとするならば、こう反論しましょう。



相撲の発祥はアダムとイブ。



相撲の基本は素手による単純な押し合い。
サルでもやってる人間の本能的な動作なんです。
ならば最初に相撲をしたのはアダムとイブであるはずです。
イブがリンゴを食べようとしているのをアダムが体当たりで止めようとしたのが相撲の発祥であり、「やめろ!!」とイブの腕を掴んで上手投げをしたのが最初です。


ボク的には相撲の発祥が何処であろうと知ったこっちゃないし、このようなメンツの為の議論は疲れるだけ。しかも相手が韓国だと生産性はゼロに等しい。やるだけ無駄です。
しかし韓国人がこのような議論をふっかけてきたら、



韓国相撲「シルム」の発祥は「モンゴル相撲」。



と優しく言ってあげれば良いのです。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。