FC2ブログ

ヘンデルとグレイテル。

ここでは、「ヘンデルとグレイテル。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≪登場人物≫

●ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
ヘンデル

バッハと並ぶバロック音楽最大の作曲家とされ、「音楽の母」と呼ばれている。ドイツで法律を学んでいたが、音楽への情熱を断ち切れずハンブルクへ出てオペラで成功した。その後イタリアに行き、オペラに加えてカンタータやオラトリオなども発表する。1710年ハノーファー選帝侯の宮廷楽長となったが、宮廷楽長の地位はそのままに1712年にはロンドンに移住し、1727年にはイギリスに帰化した。


●テル(GRAY)
glay_a04.gif

人気ロックバンド『GRAY』のボーカル。激しいシャウトと高音のボーカルで若者を中心に人気を集めるが、『マダムキラー』と呼ばれ熟年層のおば様方にも支持層を持つ。バンドメンバーが全員男前でスマートな衣装がウリだったので、当時はビジュアル系バンドと呼ばれていた。多分IQ、EQ共に低い。






ヘンデル「なぁテル、お前最近何やってんねん。」

  テル「いや、何ってツアーとか・・・ところでアンタ誰ですか?」

ヘンデル「は?」

  テル「派手な衣装着てるから俳優さんですかね?」

ヘンデル「何言うてんの?自分。ホンマに俺の事知らんの?」

  テル「すみません・・・」

ヘンデル「この服と、この髪型見て分からんか?」

  テル「コスプレっすか?」

ヘンデル「コスプレちゃう。ほら、見たことない?こんなん。」

  テル「何か中世ヨーロッパの裁判官みたいですけど。」

ヘンデル「惜しい!ほら、音楽室の壁に貼ってあったじゃん。」

  テル「あ!分かった。バッハだ。」

ヘンデル「何でやねん。」

  テル「いや、ヅラがバッハみたいだったから。」

ヘンデル「ヅラ言うな。それにバッハより男前やん。」

  テル「分かんないっすよ。」

ヘンデル「有名な音楽家挙げていってみ。」

  テル「バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト・・・」

ヘンデル「他には?」

  テル「メンデルスゾーン、滝廉太郎、それにGRAYとか言って。」

ヘンデル「GRAYとかいらんねん。ついでにベートーヴェンの
      ヴェンってのもいらんねん、あんなんベートーベンでええねん。
      何カッコつけてんねん。」

  テル「それぐらいしか知りませんよ?」

ヘンデル「何で知らんねん、それでも音楽やってんのか?」

  テル「今の音楽はあんまり知識とか必要ないんですよね、
     ボク楽譜すら読めませんし。」

ヘンデル「まぁええわ、それより今後どないするん?」

  テル「どうしましょっかねぇ、最近活動がパッとしないんですよねぇ。
     まぁ印税でボチボチ生活しますよ。」

ヘンデル「古典音楽勉強せえへんからそないなんねん。」

  テル「それより、今日は何か用事ですか?」

ヘンデル「いや、用事って訳じゃないんやけどな、
      ちょっと言いたい事あって外回りの途中に寄ってん。」

  テル「何すか?金ならないっすよ。新曲も売れませんし。」

ヘンデル「金やない、石の事やねんけどな。」

  テル「石?どういう事っすか?」

ヘンデル「ほら、俺らって結局は石を残していかなあかんやん。
      パンやと鳥に喰われてしまうやろ?」
      俺らにとって『石』ってのが何を指してんのかは分かるな?」

  テル「楽曲ですか?」

ヘンデル「そうや。初めて正解したやん。
      ほんで、まぁ親に捨てられたり、魔女に出会ったり、
      お菓子の家見つけたりすんねんけど、結局はほら、
      最後は家に帰るというか、幸せに暮したというか。」

  テル「はぁ。」

ヘンデル「俺が言いたいのは、お前は未だパンしか残せてない。
      ちょっとばかり売れたからって調子に乗ったらアカン。
      俺からしたらまだまだパンやな、石ではない。
      今『GRAY』って検索したら『D.Gray-man』関連ばっかりやん。
      『D.Gray-man』って何や?」

  テル「・・・。」

ヘンデル「俺が言いたいのは、『石』を残していけってことやねん。」

  テル「では、ボクにどうしろと?」

ヘンデル「そんなん自分で考えよ、タクローと相談せえ。」

  テル「・・・。」

ヘンデル「ほな、俺行くわ。まだ仕事残ってんねん。」

  テル「何か分かんないけど、ありがとうございました。」

ヘンデル「ええってええって、ほな。」

  テル「ありがとうございましたー。
     石を残す・・・か。どういう意味なんだろう?」



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント

タイトルがうまい!(笑)
さすがだわ…としみじみ思って読んでましたが。
どっからそんなアイデアやネタが出てくるんですかねぇ…。

あっ、そうそう。
月曜から中国へ出張するというネットのお友達に言っておきました。
「女性は買ってはいけませんよ」
「罵倒されたら『王八蛋』と言い返してやりなさい」って。
役に立ちました(* ̄艸 ̄)プッ
2008/01/12(土) 14:22 | URL | 桃李 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。