~中国生活を基に色々な物事を深く考慮し、アイデアを提唱していくブログ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国から帰ってきて早一年。
ここ最近では、一番忙しかった年だった。


まず、仕事を変えた。
今までの仕事とは業種が全く違う。
知識も経験もない。
未だに慣れていないので、ミスが多い。


家に帰っても、部屋の隅には、山のようになった目を通さなければいけない業界の慣例集や、基本的なマニュアルの本。
資格の勉強、取得。
無論、ブログを書く暇など猫の毛ほどもなかった。


今の切羽詰った自分を省みると、中国では遊んでばかりいたなと、今頃になって少々反省している。



新しい職場は、飲食業がメインの会社である。
上場こそしていないが、年商60億近く売り上げているその会社のトップは、なんと、ボクの伯父さんにあたる人物。
甥っ子ということで、周りからの視線には少々気を遣うが、新しい仕事はやりがいもあり、ようやく仕事を楽しめるようになってきた。
株価の安定と共に、上場の予定である。



転職のきっかけになったのは、伯父の強い勧めもあったが、決め手になったのは、中国で感じた、日本文化の広がりと、日本食産業の将来性であろう。


この会社では、過去に、海外進出で四度も失敗している。
いずれも、大きな負債を抱えての撤退ばかりだ。
自分の経験を生かし、まだまだ付け入る隙のある海外進出の分野で、自分の足跡をのこし、会社に貢献したいと思っている。


遊んでばかりで大した努力もしなかったと、溜め息ばかりが残った中国生活だったが、自分を見つめ直し、将来の道を決めるきっかけになった。
怠惰な海外生活が、長い人生のスパイスになった。



毎日忙しく、考える暇もなく走り続ける現代人。
怠惰な時間を過ごし、自分を見つめ直す“無駄な”時間も、時として必要なのかもしれない。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。