~中国生活を基に色々な物事を深く考慮し、アイデアを提唱していくブログ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 もういくつねるとお正月 お正月にはたこあげて
  こまをまわして遊びましょう はやくこいこいお正月
 
2 もういくつねると お正月お正月にはまりついて
  追い羽根ついて遊びましょう はやくこいこいお正月




ご存知、お正月の代表ソング。
日本国民なら誰でも知っているこの曲の名前はストレートに『お正月』。作曲が『荒城の月』などで有名な滝廉太郎、作詞は知らん。正月には大人子供構わず誰もが口ずさんでいる。正月のデパートでもしばしばこの曲を聴く。


が、


もういくつ寝るとお正月。


実は、この歌ってまだお正月来てないんですよね。
お正月を指折り数えて待っている子供の歌であって、正月にはたこやコマで遊ぼうという予定の歌である。最後に至っては「はやくこいこいお正月」。


と言うことは、



『お正月』をお正月に歌ったら不自然。



そうなんです。
お正月の代表ソングはお正月の最中に歌うと不自然なんです。『お正月』というストレートな名前とは裏腹に、正月には歌えないという非常にひねくれた歌なんです。しかしこの歌を聴くのは決まって正月。


皆な滝廉太郎に騙されてる。この矛盾に気付いた人も
「だって、タキレンだから。」とか言って気付かないフリしてる。


ではいつ歌うのが適切なのか?


「もういくつ寝ると」って歌詞から推測すると、10日以上前から歌うのは不自然であろう。「いくつ」の断定はハッキリとは出来まないが、まあ一週間くらい前からでしょう。んで、大晦日も歌えない、だって明日だもん。「いくつ」は2以上と考えた方が自然。たこやコマで遊べるくらいの子供の歌だから、それくらいの日にち計算くらいは出来るはず。


つまり、『お正月』は12月の24、25日くらいから30日の寝る前くらいまでに歌うのがベストであり、当然正月の最中には歌えない。


ボクはこの矛盾に気付いた時、この歌に隠された滝廉太郎の苦悩のメッセージにも気付いてしまった。音楽研究関連の人々をも驚愕させる発見をしてしまった。


本当は論文で発表したいのだが、
期待に応えて先に結論を言ってしまうと、



『お正月』は、攘夷推奨の歌である。



全く話の意味が分からない人も良く考えてください。
ボクが推理した『お正月』を歌うのに適切な日にちは12月24日~30日。この間にはクリスマスがあります。欧米ではクリスマスは新年を祝う。

当時の日本は積極的に欧米の文化を取り入れていた。文化の吸収の中で、欧米に習って日本がクリスマスに新年を祝うようになってしまうことを滝廉太郎は不安に思っていた。日本の伝統文化が失われる事を危惧していた。

そこで、クリスマス近くに『お正月』を歌わせる事によって、日本の新年は1月1日だぞって事を日本人に暗喩していたのではないか。これにより滝廉太郎は攘夷派だったとの推測が出来る。


滝廉太郎は横浜という外交の多い都市に住んでいた影響もあって、姉と共に外国文化に非常に精通していた。ドイツに留学もしていた。欧米の良さ、強さを知っている滝廉太郎だからこそ欧米が日本を植民地化することを恐れ、欧米化によって日本の伝統文化が失われる事を恐れていたのだろう。


しかし当時は新政府軍が非常に強い権力を持っており大っぴらに攘夷運動は出来なかった。だからこうして歌に攘夷の理念を込めて、国民に危機感を持たそうとしたのではないだろうか。


滝廉太郎は他にもこうしたメッセージを暗示した歌を残しているのではないかと容易に想像出来る。しかし、アホな音楽研究家連中はそれに気付いていない。いや、もしかしたら「しかし、タキレンだしなぁ。」と気付かないフリをしているだけなのかもしれない。


ならボクがやってやろうじゃありませんか。
ボクは滝廉太郎の歌に込められた理念を研究していこうと思う。
日本文化を愛し、欧米文化をも愛してしまった滝廉太郎の
歌にしか込めることが許されなかった理念を。


・・・あっ!?


ちょ、ちょっと待って。
ちょっと待って、今気付いた。
ここまで書いて、今気が付いた。


そう言えば、『お正月』の作詞は滝廉太郎じゃない。



滝廉太郎は作曲家だった。歌詞の中に滝廉太郎は攘夷派だとか、滝廉太郎のメッセージが隠されているとか言ってたけど、そんなものハナからない。
だって滝廉太郎の作詞じゃないんだもんだもん。


ボクは何と愚かなんだ。


滝廉太郎のメッセージを発見したと天狗になって、
滝廉太郎が作曲家だったってこと完全に忘れてた。
ここまで書いた説は根本的に成り立たない。
滝廉太郎ではなく、『お正月』の作詞者が攘夷派なのだ。



ところで、作詞者って誰です?



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
クリスマスも普段と変わらぬ一日を過ごし、そろそろ年が明けようかとする年の瀬。皆さんは忘年会やら年賀状書きやらでお忙しいことと思いますが、大丈夫ですか?クリスマスとか無事にやり切りました?


クリ済ませてない人とかいません?
師走せてない人とかいません?


やっぱいると思うんですよ。


クリスマスに「あ、ごめん。今日は彼女と過ごすから。」みたいな感じでそそくさと帰り支度をして家に帰ったものの、待っているのは犬のみ、みたいなそんなクリスマスを余儀なく過ごした人とか、「ごめん、会社がバタバタしててさー。」的な感じで飲み会を断ったはいいものの、別に取り立てて仕事もない人とか・・・


絶対いた。
今ドキってした人絶対いる。


でも、もうそろそろいいんじゃないでしょうか?この、


何か予定がないと人間失格の感じ。


大型連休やら年末やら特に人の流動が多い時に現れるこの人間界の宿命とでも言いましょうか、もういい加減にしてほしい。予定のある演技するのがオトナのマナーと化してしまっている。寝正月は大っぴらに宣言するくせにクリスマスは面子の為か予定のある演技をする、この二つの記念日の違いを説明してほしい。「寝正月」は良くて「寝クリスマス」はダメな理由を論理的に説明して欲しい。


ボクなんかクリスマス近くの年末は、M-1を筆頭に見たいお笑いの番組が腐るほどあるんです。「寝クリスマス」で漫才三昧したいんです。そこに笑いの全く分からない女なんかがいると、「サンドウィッチマンて誰?」とか「若手ってこの人達何歳?オッサンくさーい。キャハッ。」とか、もう煩くてネタに集中できない。もうほんと勘弁してして下さい。今日だけですから、今日を静かに過ごさせてくれたら何でも言うこと聞きます・・・


って、サンドウィッチマン、おめでとー。


三村ツッコミの元祖ってところですかね、相当面白いですよ。まだ動画を見ていないのですが、ようやく来たって感じですねー。良かった、良かった。ところでハリセンボンって面白いの?顔が面白いのは知ってるんですが。麒麟はメンバー表にいなかったけど?そう言えばオリラジも身の程を知らずに出てましたねー、さようならー。


語りたい。
漫才について語りたい。
漫才について一晩中語り明かしたい。


テーマ「漫才」で朝までディスカッションしたいし、
テーマ「漫才」でいくつもの論文を発表したい。
漫才の歴史についても中田カウスあたりと研究していきたいし、
資格免許の欄に「A級漫才インストラクター」って書きたい。


何だったら自分の子供の名前を「漫才」と書いて「まさとし」と読ませても構わないし、「万歳」を「まんざい」と読ませて、北朝鮮人に「金正日、まんざーい!」と叫ばせても構わない。


それくらい好きなんです。
それくらい愛しているんです、漫才を。


だからね、


漫才の動画でパンパンのiPod(30GB)を聴こうとして「なーにー?これ1曲も入ってないじゃーん。」とか言わないでいいし、「PCもエロ動画と漫才しかなーい、ウケるー。」とか全然いらない。何だったら机の引き出しに入ってるMP3も漫才と落語のみですから。


こんなボクですので。


もし、クリスマスに「彼氏が店予約して待ってるから」的な演技でそそくさと会社を後にして、一人でお笑い番組を見ているような女性がいるとするならば、ボクはきっとその娘にプロポーズをすると思うし、何なら「ちょっと待ってて、今から会社出るから」みたいな彼氏からの催促の演出をする為に、電話を何回も掛けてあげると思う。


この際男でも良い。オカマでもいい。
おすぎやピーコならなお更いい。
誰でもいいから漫才を語りたい。



でも、カルーセル麻紀は絶対に御免です。



人気blogランキングへ
皆さん、正月の為の食料はもう買い揃えましたか?年越しにそば、正月にはおせちとモチなどでしょうか。一年の始まる大事な日ですので、それはそれは豪華な食卓になることでしょう。


やっぱ年越しはそばとか食べちゃいます?


食べるんでしょうなー、そこらの冴えないオヤジとか「そばやウドンは、噛まずに飲み込むのが通の食べ方なんだ。」とか自論を展開しながら食べるんでしょうなー。「今年は味噌ラーメンにしよう。」とか「逆にウドンにしよう。」とかゆう人いません?やっぱそば食べます?


ボク、今年は年越しそば食べません。


この経緯を話すと長くなるので割愛しますが・・・いや、大して長くもならないので言わせて頂くと・・・いや、やっぱいいや。


いや、やっぱハッキリさせよう。
いやね、最近急にそばが食べたくなりまして、食べちゃったんです。
ざる&かけ、両方注文しましたからね。ダブルソバですよ。
年越し待てずに食べちゃって、完全にフライングソバしちゃったんです。
いわゆる「そばとちり」です。


普段もたまにあるんです、そばが無性に食べたくなる時。急に「そば食べたいなー。」ってなって、でも年越しも近いし我慢してたら「ムッチャそば食べたい。食べな死ぬ。」って麻薬みたいになって、最後には「お金はちゃんと払いますから、そば食べさせてください。」ってドロヌマに嵌ってしまう。


皆さんもあると思います、急にカレーが食べたくなったり、急にきなこモチが食べたくなったりする事。ボクの場合は決まってそば。しかも今回は時期が悪かった。年末にこの症状になってしまって、年越しを待てずにフライングソバ。んで肝心の年越しにはそば食べ飽きちゃってる。


非国民。


この二ヶ月に一回くらいやってくる「そばシンドローム」。
シンドロームの意味はよく分かりませんが、この症状によって、ボクは年越しにそばを食べないという日本人の心を忘れたような、非国民のような事をしようとしている。「中国にいるんだから、坦坦麺でも食べようかな。」って、中国に寝返ろうとしている。


何故こんな身体になってしまったのか理由を考えてみた。


これは全くの想像ですので(このブログの殆どの記事そうですが)信用はしないでもらいたいのですが、そば食べてアレルギーになる人っていますよね?タマゴとか。それが関係しているんじゃないかと思ったんです。そばやタマゴはアレルギーになる人がいる反面、それを欲する人間がいる・・・
タバコやコーヒーのように。


でも、ボクがタマゴシンドロームにならないのは、タマゴは普段からコンスタントに摂取しているからであって、決して「オムライス食べな死ぬ。」とはならない。「少しでいいんです、一本だけでもいいんです!」とそばを欲し続け、そばシンドロームの症状だけが浮き彫りになってしまう。


そばシンドロームの克服方法は未だ研究すらされていない。だって、誰もこの症状に気付いていないんだもん。この症状の克服方法が分からぬまま、ボクはこの病気と一生闘い続けるのだろう。我慢と忍耐で一時をしのぎ、結局最後は年越しの前にそばを食べてしまうのだろう。


同じように苦しんでいる人がたくさんいる。
このブログを見て初めて気付いた人もいる。
年越しそばが食べれずに非国民のレッテルを貼られた人もいる。


にも関わらず、ボクはこの症状をブログに書き綴っただけで、そばシンドローム解決の糸口すら掴めていない。「そばシンドローム克服の会」でも発足して、情報の交換などからでも行動は起こせるはずなのに、ボクは見てみぬフリしようとしている。
坦坦麺でお茶を濁し、現実から逃げようとしている。



そばでも坦坦麺でもウドンでも、麺類なら何でもイイじゃないの!!
(開き直り)



人気blogランキングへ
  1手目 洞入本手
  2手目 笹舟本手
  3手目 深山本手
  4手目 こぼれ松葉
  5手目 網代本手
  6手目 入舟本手
  7手目 虹のかけ橋
  8手目 締込千鳥
  9手目 菊一文字
 10手目 絞り芙蓉
 11手目 本駒かけ
 12手目 いかだ茶臼
 13手目 せきれい
 14手目 ことぶき
 15手目 忍び居茶臼
 16手目 宝船
 17手目 狂い獅子
 18手目 浜千鳥
 19手目 二つ巴
 20手目 むく鳥
 21手目 時雨茶臼
 22手目 岩清水
 23手目 出船うしろ取り
 24手目 きぬた
 25手目 ひよどり越
 26手目 たちかまえ
 27手目 うしろやぐら
 28手目 唐草居茶臼
 29手目 乱れたんぽぽ
 30手目 八重椿
 31手目 やぶさめ
 32手目 抱き地蔵
 33手目 つぶし駒がけ
 34手目 鳴門
 35手目 揚羽本手
 36手目 いかだ本手
 37手目 本茶臼
 38手目 やぐら立ち
 39手目 浮き橋
 40手目 雁かね
 41手目 つばめ返し
 42手目 横笛
 43手目 いすか取り
 44手目 まんじくずし
 45手目 空竹割
 46手目 締込み錦
 47手目 浮島本手
 48手目 巣こもり

※48手本位参考資料は→ コチラ。



日本人の誕生日で多いのは7~9月だそうです。逆算してみると10~12月頃に仕込んでいるということになる。一般的に「十月十日」と言われているので10ヶ月と10日後に産まれると皆さん勘違いされていますが、これは数えで9ヶ月と10日という意味で、詳しく言うと妊娠前の最後の生理開始日から約280日後に産まれます。


んで、少し古いが日にち別の誕生者数を見てみると(資料は→コチラ。)、9月22日を筆頭に9月中旬以降の誕生日が上位に集中している事が分かる。これの意味するところは、12月中頃までに生理を終わらせ、クリスマスや正月に仕込んでいる人間がたくさんいるということ。年末の行動パターンからしてもクリスマスや正月に仕込んでいる可能性は高い。


皆なやっぱクリスマスはセックスしてんでしょ?


遠回しにクリスマスや正月は皆なヤッていると証明した訳ですが、ボクが言いたいのは年に一度の記念日に普通のセックスでいいの?ってこと。クリスマス前に付き合い始めたとか、特別な人とヤルなら分かりますが、殆どの方は同じ相手と同じ体位で同じ回数だけヤルことと思います。いつもみたいに正常位→騎乗位→バック→射精→休憩→正常位・・・etcでは、せっかくの記念日が味気無いではありませんか。


そこで最初に記した48手を順番に試していって「カウントダウンセックス」と洒落込むのも良いのですが、ボクはクリスマスだからこそ出来る、正月だからこそ出来るセックスの体位で二人の甘い記念日を盛り上げて欲しいのです。


そこで皆さんに朗報!!
江戸時代から続く48手本位に新しい体位が付け加えられます。
交わりの多くなる年末年始の記念日にうってつけ。



 49手目 モミモミの木

 50手目 クリ・ス・マス

 51手目 イチローソーローホームラン

 52手目 師走の大掃除

 53手目 初日の出

 54手目 出初め式(でぞめしき)

 55手目 ゴジラバット書初め

 56手目 餅のつき返し




いくら記念日の為の体位とは言っても、日本人として51手目と55手目の彼らは外せなかったようです。他は全て年末年始にちなんだ必殺技の数々。これで皆さん記念日の特別な日を特別なセックスで迎えられること請け合いです。



どのような体位なのかは想像力を使って。



人気blogランキングへ
街のイルミネーションがウザイ。
いや、正確にはイルミネーションに群がる人だかりがウザイ。


あんたらが今写真を撮ろうと陣取っているスペースは公共の道路なんです!だから、通行人がフレームに入ってしまったからって「なんだよ~、ジャマすんなよ~。」みたいな態度は全くもって筋違いってもんで、しかも、カメラと被写体の間の見えない壁が通行人の潤滑な歩行を妨げていることが少しでも分かってんのなら、少しづつポーズを変えて何枚も写真を撮ってないで、速やかに家に帰ってセックスでもしてろよ、バーカ。


些細な事にハラワタ煮えくり返る時がたまにある。
そんな事にイチイチ構っていたら中国ではまともに生活出来ないが、自分の虫の居所が悪かったりストレスが溜っていたりすると、勢いに任せてガツンと言ってしまう時がある。


ある日曜日の昼下がり。
切符を買おうと並んでいたボク。
喧騒の中に慎ましやかなカップルがチラホラ。
ボクの後ろには少女とお婆ちゃんが手を繋いで並んでいた。


ホノボノと列に並んで待っていると、現れました中国文化の一つである割り込み。当たり前のように最前列に割り込み、切符売り場のおばちゃんも慣れてしまったのか、明らかに割り込んでいるのに注意しようとはしない。


ここ一年、中国ではオリンピックの為に割り込みを廃絶しようとCMまで使って市民に呼びかけている。11月11日には「並ぼうデー」(1111を人が並んでいる様子に見立てて)とか言って、キチンと並んでいる人にプレゼントを配ったりもしていた。そんなレベルの低い努力の結果体感的に割り込みは減ってきたが、やはり根絶は不可能であろう。


まず割り込みする人間に聞きたい。テメーら、そんなに急いで何処に行くの?どうせ大した用事もないんでしょ?ワザワザ割り込みして地下鉄に乗っても、どうせ目的は街を徘徊するくらいでしょ?もし目的があったとしてもお前ごときはそこまで待たれてないと思うよ。これは無意味に車線を変更する中国のタクシー運転手(空車)にも共通して言える。


割り込む人間の風貌は決まって小汚い。差別と思われても結構だが、割り込みをする人間は決まって農村からの出稼ぎ労働者っぽい。彼らは並ぶのが面倒と言うより「並んで待つ」という概念そのものが欠如してるのだろう。そしてここからはボクの勝手な想像だが、彼らは北京に来てからずっと軽蔑されて生きてきた、そこで「割り込み」という行為によって差別してきた階級の人間(キチンと並んでいるような人間)に、ささやかな復讐をしているのではないのだろうか?ズレた優越感に浸りたいだけなのではないだろうか?


理由はどうでも良い。マナー大国日本で育った人間としてはやはり慣れていないせいか、イライラ度は中国人よりも高い。1人が割り込めば2人、3人と増えていく割り込みの連鎖。割り込みをする人間もやはり多少の罪悪感があるとは思うのだが、仲間がいればヘッチャラである。中には子供を使って割り込みをさせ、「子供だから。」で済ませようとしている輩までいる。これは同情を買う為に子供を連れて物乞いするのに共通している。



1人目割り込む。 皆な一斉に気付くが、注意する者はいない。

2人目割り込む。 皆な白い目で割り込みを見ている。

3人目割り込む。 ボクはその時少しイライラしていた。

4人目割り込む。 ボクは割り込まれて更にイライラ。

5人目割り込む。 ボクは・・・



そいつのケツを思い切り蹴り上げた。

回し蹴り

(画像はイメージです)


そして一言「パイドゥイ(並べ)。」と言い、静かに正面を見続けた。


「マナー厳守」という大義名分の元、思いっきりケツを蹴り上げてみた。気分はすこぶる爽快だった。さっきタバコを吸おうとした時に2本ほど落としてしまったイライラも綺麗に吹き飛んだ。蹴られた人間は何か言いたそうだったが、並んでいる人全員の白い目が怖かったのか、足早に出口に向かって行った。


普段なら見てみぬフリをしていたことだろう。確かに今回はやり過ぎで、蹴りはないなと自分でも思う。正義漢ではなく、ただイライラしていたから蹴ったという人間性まで否定されかねない行動ではある。しかし、言いたくても言えない少女やお年寄りの代弁者となったことも事実である・・・と思ったが、割り込み者を白い目で見ていた少女は、



ボクをも白い目で見ていた。






人気blogランキングへ
最近、「ガリレオ」を鑑賞した。


面白い。
実に面白い。


科学的な手法を使った不可思議な殺人事件を、女刑事が湯川(ガリレオ)と言う大学准教授に捜査協力を要請するところから物語は始まる。殺人事件には興味の無い湯川だが不可思議な現象に興味を持ち、それを科学的に解明し、同時に事件の謎をも解明していくという、東野圭吾の人気小説「探偵ガリレオ」が原作のこのドラマ。


興味深い。
実に興味深い。


事件にまつわる一見無関係な事象を、科学という一つの点でうまくクリエートしている非常に論理的で聡明な作品と言えるだろう。視聴者への暗示、問いかけも無駄がなくスマートである。難解な物理の話で進むドラマの中に、変わり者の湯川の滑稽さを散りばめる事で全体を調和し、非常にバランスの良い作品に仕上がっている。不自然さの多いドラマが苦手なボクも、さすがにこのドラマには高い評価を与えざるを得なかった。


配役も高評価のポイント要因だろう。大学准教授という一見不適格な役を、不変的な人気を維持する福山雅治が見事に好演している。脇を固める俳優達の演技も自然で違和感が全く無い。ただ・・・


残念だ。
実に残念だ。


ヒロイン役の女刑事に柴崎コウを選んだのには疑問符が付く。あの方はこのドラマには不適格で全く必要性を感じないどころか、演技者としてはまだまだ未熟さを隠せていない。如何なる場面でも表情が同じで、喜怒哀楽の抑揚も全く伝わらない。共演役者の好演に相対するように、彼女の稚拙な演技が際立っているように感じられた。


と同時に思った。



柴崎コウって、中国の売春婦にそっくり。



中国で一部のカラオケ屋に行くと、部屋に入るなり女の子がゾロゾロと並んで入ってくる、大体10~30人程度だろう。これは女の子を選べということなのだが、選んだ女の子はカラオケだけでなく、ご希望あらばその後も付き合ってくれる…平たく言えば売春婦だ。中国で体験した方なら分かるだろうが、その売春婦達の中に柴崎コウが一人や二人必ずいる。


中国版柴崎は四川省出身の割合が比較的高い。四川省というのは美人の多い都市として有名で、実は売春婦に占める割合も多い(イメージアップの為の嘘である可能性も高いが)のだが、ボクのデータでは中国版柴崎は、9割方四川省出身である。


くっきりと鋭い目はいかにも中国売春婦。黒いストレートの髪の毛は中国美人の象徴だし、ドラマの最中、柴崎コウが要所で見せる簡単な髪の束ね方は、毎日美容院に行く事が困難な中国売春婦も好んでする最低限のお洒落で、ボクの中で柴崎コウは中国売春婦と完全にイメージが一致した。


ということで。



柴崎さん、仕事無くなったら中国で稼いでみては?



人気blogランキングへ
もしクレオパトラの鼻が低かったら、地球の顔は変っていただろう。
(If Cleopatra's nose had been shorter, the whole face of the earth would have changed.)



ローマの王2人を虜にし、歴史を変えてしまったクレオパトラの美を表したこのパスカルの言葉だが、さも哲学者らしい、回りくどくも的確な言い回しだろう。今では「結果に重大な影響を及ぼす小さな事象」としての比喩としても使われていて、この名言を知らない人はいないだろう。


近年ではこの言葉に対し、「クレオパトラの鼻は実は低かった。」だの「クレオパトラは実は美人ではなかった。」とかヤイヤイ言う人間もいるが、クレオパトラが歴史を変えた事は明確であり、パスカルの言葉にヤイヤイ言う人というのは事実を明らかにしたいのではなく、パスカルという高名な学者に対しヤイヤイ言いたいだけなのではないかと思って、逆にボクはパスカルにヤイヤイ言う人達にヤイヤイ言いたいなーと思って、何かクレオパトラについてもっともらしい事を書けないかなと思った次第です。


まず言いたいのはこの言葉は完全な後付けだと言う事。パスカルも実はクレオパトラの顔なんて知らなかったと思うんです。


知ってますか?昔も今もエジプトの女性は宗教上の理由によりベールで顔を覆い、他の男性に見られないようにする習慣があるそうです。クレオパトラはエジプト人ではありませんのでその風習があたかどうか計りかねますが、エジプトでは女性は顔を隠すのが一般的だったのです。


しかもクレオパトラはファラオ(王)だったわけです。なら市民はクレオパトラの顔を拝む事なんて滅多に出来ないわけで、しかも紙すらない時代ですから肖像画なんてものもない。あっても洞窟の壁画くらいのもので、それを元にクレオパトラが美人とか美人じゃないとか議論するのは愚の骨頂で、まして鼻の高さなんてハッキリ分かるはずもない。仮にクレオパトラの側近が「鼻の高い、絶世の美女でした。」とか言っても何の根拠も無いわけで、クレオパトラが美人という証拠はどこにも無い。


しかも歴史上の人間というものは美化されているもの。クレオパトラを含め、中国の楊貴妃なんかも、当時の美意識からしても美人ではなかったという文書も残っているくらいで、でも楊貴妃を美人として描いた画家にヤイヤイ言う人はいないのに、クレオパトラの鼻が高いと言ったパスカルにはヤイヤイ言う人が沢山いる。よってボクはパスカルにヤイヤイ言う人は事実なんてどうでもよくて、ただパスカルの言葉に反論することによって優越感に浸りたいだけなんじゃないかなーって思うんです。
(目的達成)


パスカルの言葉にヤイヤイ言う人に対しヤイヤイ言うという目的を達成したら、新たな疑問が湧いてきた。


パスカルは何故「鼻」と言ったのだろうか?


クレオパトラの美を表すなら「目」でも、「顔」そのものでもよかったはずだ。わざわざ鼻にしたからヤイヤイ言う人が出てきたわけで、「もしクレオパトラがブスだったら…」の方がインパクトが強いし、ストレートである。数学者であるパスカルが「鼻の高さ」という数学的な表現で言いたかっただけなのだろうか?


いや、違う。
きっと何か理由があるはず。そこで、


クレオパトラの鼻について考えた。


前述したように、今でもエジプトの女性は宗教上の理由により、ベールで顔を隠して生活している。人の違いをハッキリ表す顔(鼻)はとても高貴な存在だという事が言える。皆な女性の顔(鼻)を見ることは出来ない。鼻が高いかどうかも分からない。そこで一つの仮説が浮かび上がる。


古代エジプトでは、鼻を見せる事が恥ずかしかった。


現代では乳房や局部を見られる事が恥ずかしいので皆さん隠して生活しているわけですが、古代エジプトでは鼻を見られるのがすごく恥ずかしい事だったのかもしれない。だから人々はベールで顔を隠して生活していた。現代の「巨乳」に当たる表現で「巨鼻」とか言われて、鼻が高かったり大きかったりしたら羨ましがられたりしていたのかもしれない。


隠すから高貴なものになり、隠すから見たくなる。


何だったら男女の情事において、鼻を愛撫していた可能性もあるわけで、現代女性がパンツを脱がされる時に浮かべる表情を、古代のエジプトではベールを捲られる時に浮かべていたかもしれない。そうなってくると鼻水とかすごい恥ずかしいもので、情事の最中に鼻水が出ようもんなら男性は「ん?濡れてきたよ。」って言葉攻めして、女性は「ヤダ、エッチ。」とかそんなやり取りが交わされていたかもしれない。


きっとパスカルは、こうした古代のエジプトの風習からあえて「鼻」という表現にしたのだ。現代ではクレオパトラのミイラを復元したりして正確な鼻の高さが分かるとか言っているが、それは何の意味も持たない。「鼻が低い?だからどうした?」である。大切なのはクレオパトラが歴史を変えたという事実であり、それを「鼻」を使って表現したパスカルは、歴史や風習を考慮して論理的に言葉を発していたという事実である。


現代の哲学者や科学者は非常に名声を得ずらい。新しい発見なんて時代を重ねるにつれて少なくなるし、もっともらしい言葉や理論は、昔の哲学者や科学者が殆ど著書に残している。だからこうして昔の高名な人間の言葉を否定して、自分の価値を上げるしか方法が無いのかもしれない。



この文章、けっこう説得力あるなぁ。



人気blogランキングへ
長いこと中国に住んで、どんなに中国語を勉強しても、やはり言葉の壁というのはいつも付きまとう訳でして。これは外国生活の日本人、しいては国際社会のこの世の中では必ず起こり得る問題で、それを未然に防ぐ為に通訳がいたりするわけです。


「王八蛋 wang2 ba1 dan4」


最近中国人と喧嘩をした時に言われた罵倒の言葉です。「ワンバーダン」と読み、愚か者とか、バカ者とかいうニュアンスで使われます。これを言った後中国人は勝ち誇ったような、得意げな表情を浮かべたのですが、ボクとしては全く心に響かない。つまり、相手は最大の罵倒をしているにも関わらず、ボクは相手が怒っているのが分かっただけで、「何だと~!?」とはならないわけです。


もしここで「チンカス!」とか言われていたらボクも怒りのボルテージが上がったかもしれませんが、言われたのはワンバーダン。何回言われても「はぁ。」としか対応できません。


世界的に見ると罵倒の言葉にも国の特徴が表れているような気がします。特徴的なところを挙げると、家族を大切にするアメリカでは「お前の母ちゃん犯すぞ。」みたいな母親系、伝統や歴史を重んじる中国では「お前の爺ちゃんはオレの子。」みたいな、先祖まで罵る事が最大の罵倒とするフシがあります。台湾の人間に至っては「この中国人!」と言われるだけで屈辱となるように、国の違いというものがハッキリ表れているのが分かると思います。


それに対し平和を愛する我が国日本の母国語は、罵倒の言葉が極めて少ない言語の一種です。日本では人を罵る時には見た目をバカにしたり、具体的な無能さを罵る事が多い気がしますし、今では日本語の数少ない罵倒だって「バカだな~。」とか「アホか。」というように罵倒ではなく、「かわいさ」が入っている使われ方をしています。


本来ならこの「罵倒の少ない日本語」は非常に誇れることです。日本人のイメージとも合っていて、世界に誇れる事なのですが、例えば通訳。映画の台詞に「Fuck your mother!!」があったとして、これを日本風に訳すと「お前の母ちゃんデベソ」となるわけで、全く雰囲気が伝わりにくい。戸田奈津子もシドロモドロです。


それに、あまりにも罵倒の言葉が少ないと「バカ」「アホ」のように、全ての罵倒語が「人を罵る」という役割を失ってしまい、日本人は口喧嘩をしても決して人を罵れない事態に・・・非常に望ましいことですが、外国人からはナメられるだけです。


なので、作っちゃおうかなと。
作って巷に流布して、流行語大賞でももらおうかなと。


さっそく罵倒語について考えてみた。


まず新罵倒語を作るにあたって、日本人は何を言われたら怒るのか、何に重きを置いているかを考えなければなりません。ボクが思うに日本人は組織とか愛国心というのを非常に重んじている企業大国で、他国に比べるとサラリーマンの割合も多い。そこで、


●ネジヤロー


お前なんて所詮は企業の中のちっさなネジでしかないと強調すれば結構痛いかもしれない。同じ理屈で、


●産毛


とかも傷つくかも。「この産毛!」とか言われたら結構イラっとする。「ウブゲ」という語気もイラっとするし、罵倒語としては相応しいかもしれない。


「ネジ」「産毛」と基本理念は同じだが、「企業の中の小さな自分」を強調されるよりも、平均的に小柄な日本人は外見的な小ささ、体型の小ささを強調された方がイラっとするかもしれない。


●豆チン


やはりムスコへの侮辱は自分を含め、しいては自分の精子(子孫)までをも侮辱された気になって精神的な苦痛は高いものかもしれない。AV大好き日本人、早漏が多い日本人など、セックス全般をひっくるめて皮肉ったこういう侮辱もダメージは高いと推測する。


●勃起不能障害者
●ED


完全に病名である。これで苦しんでいる人もいるというのに。これでは唯の差別であり、罵倒ではない。一見同じように思える「差別」と「罵倒」だが、ボクに言わせれば全く違う。罵倒語と言うのは、怒りの程度を相手に知らせ、相手をイラつかせる言葉であるべき。これでは発想も安易過ぎるし、想像力も足りな過ぎる。


元々罵倒の少ない日本語では、やはり限界があるのかもしれない。もっと別のアプローチが必要だろう。そこで、普段使っている言葉だが、よくよく考えると言われた時イラっとくる言葉を探してみた。


●カイワレ

●イソギンチャク

●雑巾

●フカヅメ

●ふな侍

●生魚新太郎(なまざかなしんたろう)

●ハラワタ

●稚魚


全体的に雰囲気が伝わりにくいかもしれないが、もし自分が言われたらと考えるとニュアンスは分かるのではないでしょうか?「ふな侍」などは浅野内匠頭が吉良上野介に言われたとされる、忠臣蔵事件の発端となった罵倒語と記憶しているが、今では歴史の時間にしか聞きません。
ボクがふと思いついたこの罵倒語候補の羅列ですが、
一つ気付くのは「海に関係する言葉」が多いと言う事。


伝統を重んじる中国、家族を重んじるアメリカに対し、四方を海に囲まれ、海と共に育った日本人はやはり「海」に関する言葉でけなされる事が一番の屈辱なのかもしれない。そこで海に関係する最高の罵倒を以って、この新罵倒語の考案はお仕舞いにしようと思う。


●「お前なんて海水でも飲んでろ!」



やっぱ伝わりにくい。



人気blogランキングへ
「芋焼酎が手に入ったからおいでよ。」


そう日本人の友達に言われて自宅へお邪魔したわけですが、
日本人の家に行く楽しみと言えば日本の食材の吟味。
ほぼ毎日中国の家庭料理を食べ、日本の食材も現地で調達しているボクを尻目に、友人(以下面倒なので田中)は、月に1回のペースで日本から食材を送ってもらっていて、完全に現地化したボクに哀れみを感じたのか、日本食を分けてくれると言う。


田中というのが本名だというのは置いておいて、
目当ての芋焼酎に加え海外生活日本人の必須アイテムである梅干やお茶漬けなどを頂いて、換わりに「名探偵コナン~完全版~」DVDを田中に渡し、物々交換と言う昔ながらのトレードで、今で言うところのwin-winで取引は終了したかに思われた。


文中の語句が新旧入り混じっており大変分かりにくいのはいいとして、ボクは日本食セットが入った袋に違和感を感じ、中を見てみたらこれが入っていた。


20070902230923.jpg




きびだんご。



このきびだんごは、東京に住む田中のお母さんの妹の友達の旦那の部下のお嫁さんがお土産で買ったのを田中のお母さんがもらったらしいのだが、荷物を送る時についでにこれも箱に入れ、田中の元へ送ったのだという。

岡山名物としっかり明記されたお土産きびだんご。


中国地方、岡山県の名物、大陸の中国へ初上陸。


嫁→旦那の上司→女房→妹→田中母→田中と所有権を放棄され続けたこの流れ者も、まさか中国大陸まで流されるとは思ってもみなかっただろう。そして中国でも田中という彼女がいない痩せ型の包茎ヤローにまで所有権を放棄され、全く関係の無い中国在住の成人男性(24)の元へやってきた。


きびだんご、そんなに必要ないですか?
一人も食べてみようかしらって人いなかったんですかね?



これだけ所有権を放棄されたのだから、あまりおいしくはないのだろう。多分、味的には生産開始をして品切れ状態の「白い恋人」には遠く及ばないのだろう。そしてボクも田中から受け取った時、食べた事ないのに「いらねぇな」と思ったので、ボクも実は所有権を放棄したい派なのかもしれない。


そして、これは受け取った時気付いたのだが、
と言うより感情が湧き上がってきたとでも言いましょうか、
きびだんごを受け取る時、



何故かすごく屈辱的・・・つまり「桃太郎」のイヌの気分にさせられた。



これは、きびだんごと聞いたら昔話「桃太郎」をイメージしているからで、というより日本人なら誰しもそうなってしまうわけで、というかそれしかないわけで・・・。


きびだんご = 桃太郎


このイメージはきびだんごの消費量に深く関わっている。
まず、きびだんごがメジャーなお土産になれない要素としてマズイというのがある。ボクは今回が初対面なので食べた事はないが、あれだけの人間が所有権を放棄しているのだ、マズイは言い過ぎにしても美味しくはない。もしくは真新しさを差し引いても食べるに値する味ではないという事は容易に想像できる。


そして隠れた要素として、きびだんごは、あげる人を主人(桃太郎)、受け取る人を家来(イヌ)とセルフイメージを植えつけてしまい、受け取る人は非常に屈辱的な感情に包まれてしまうのである。万が一受け取って食べようもんなら、きびだんごの提供者に対し何か奉公をしないといけないという強迫観念に襲われてしまい、なかなか食べれない。


「桃太郎」を最大限に活用して売り上げを伸ばすはずが、実はその利用した物語自体が売れない原因とはなんとも皮肉な話だが、昔話を元ネタにただの団子に付加価値をつけて売ろうとしていると考えれば、この状況も世の定めなのかもしれない。


さて、きびだんごを涙しながら受け取ったボクだが、どう処理しようか悩んだ。もしも田中を桃太郎とするならボクはこのきびだんごを決して食べる事が出来ない。何故なら桃太郎が虚弱体質&包茎&彼女無しでは、鬼には到底敵わないだろうし、きびだんごごときで忠誠を誓うほどボクは安くない。


そこで、会社で腰辺りにきびだんごを携えて、部下や同僚に「日本のお菓子だよ。」と配って食べさせ、暗喩的に忠誠を誓わせて悦に浸っていた。


ちなみに食べた中国人の感想:






「味が全く無いけど、本当はソースか何か付けて食べるの?」



ちなみに「桃太郎」の真実を知りたい方は→ コチラ



人気blogランキングへ
長い間ブログを書いていなかった。
こういう場合、社会人というものは例えサボっていただけだとしても、
少し見栄を張って「忙しかった。」と言うのが常識になっているので
ボクも安心して言わせていただけるのですが、


「マジ忙しかった。」


誰に対して言い訳しているのか自分でも疑問に思う。
元々無理してまでは書かないつもりだったし、読者も少ないし、
書くネタも「おおっ、これ書こう!」っての無かったし、ボチボチ師走だし・・・


って本当に忙しかったんです。
この1ヶ月あちこち飛び回って、その移動した都市を線で結んでいくと
中国の沿岸部は線で真っ黒になるんちゃうかっていうくらい飛び回り、
様々な業種の人間と会い、その会った人間の名前を繋げていくと
太陽までいけるんちゃうかっていうくらいの人間と会った。


とその中で、小沢健二氏(52)に出会った。


アポを取ったとき、オザワ氏ということだけは分かっていて、
名刺交換してから分かったので、「失礼ですが…」と前置きしてから
取り合えずジャブ程度に話を振ってみた。


「オザワケンジさんとお読みして宜しいのですか?」


すると、小沢氏はこちらの意図を読み取ったのか「あぁ。」と呟いてから
またかと言わんばかりにこう返してきた。



「スパラジャターとかいうバンドのメンバーと同姓同名なんですよね。」



うん…若干事実と異なる点が。
まずスパラジャターでなくてスチャダラパーだし、
小沢健二は一緒にCDは出したがメンバーではない。
まぁこの歳だからしょうがない。
ブギーバックという歳でもない。


それから小沢健二は世界的な指揮者の息子だとか
最近の中国事情の情報交換をしたりして世間話をしたのだが、
今日は初見ということで仕事の話は一切しなかった。


そんなことより。



オザケンの乗っている車の車種が凄く気になった。



オザケンは車通勤だと言う。
んで日本人が中国で日本車に乗っている可能性は高い。
ならアレしかないじゃないか。

Ⅱまでとは言わない、車種がアレであればボクは満足だ。
奇しくも最近中国で新型のアレの生産が始まっている。



残念ながらオザケンは一世を風靡したオザケンを知らない。
多少の知識は話のタネとして同僚から何となく得たっぽい。
小沢征爾すら知らなかったクラシックより、断然演歌派。
多分娘にも、陰ではオザケンと呼ばれているのだろう。
歳の近い部下からオザケンさんと変な呼ばれ方をしているのだろう。



ボクは願った。
別にオザケンがアレに乗っていてもボクには何の得もない。
もしオザケンの口から「実は車もアレなんですよ」
と言われたのなら、何の感情もおきなかっただろう。


しかし、この世に運命というものが…
神の導きがあるとするならば…
オザケンの車種はアレで決まりである。


ボクは願った。
心の底から願った。


駐車場に着くと日系企業が多いからか大半が日本車である。
アレも・・・あっ、ある!!少し古いが確かにある!!


ボクは願った。
ケツの底から願った。
果たしてオザケンの車種は!?











ホンダのアコード!!









うん、だよね。
そんなにうまくいくはずないもんね。



人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。