ブログについて

ここでは、「ブログについて」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボクのリンクの欄は少ない。


ごくたまに相互リンクを頼まれたりとか、自分がよくお邪魔する面白いと思ったサイトだけ勝手にリンクしてるだけなのでこれからもガツンと増えることはないだろう。


ボクがリンクを貼ったサイトが既に二つ閉鎖した。
まぁよくある普通の事なのだが、一つのサイトはボクに初めて相互リンクを頼みにきてくれた方なのでボクとしては特別だったし、「閉鎖します。」と声を掛けてもらえなかったことが少しショックだった。


「時間が無い。」「意義が分からない。」「自分の限界を感じた。」「飽きた。」と閉鎖した二つのブログだが、そんな事を目の当たりして思う、



ブログとは一体何なのだろうか?



最近、別のリンク先が荒らしを受けたらしい。


その管理人さんは常連の一人を真っ当な理由で出入禁止にしたのだが、その常連は出入禁止後も自己中心的なコメントをしたり、自分のブログで己の正当性を説いたりしていたという。


同じ被害を受けた数人が我慢できずに、その荒らしの犯人の個人情報などを調べロムできないようにしてこの件は落ち着いたとブログで語っていた。しかしその荒らしさんは自分の撒いた種で自業自得なのだが、

「最近ブログが重荷になっていて、閉鎖しようと思う。」

とコメントしたという。
荒らしを受けた人もストレスを感じてブログを書く気分じゃないと言っていた。

正当性を抜きに考えれば、荒らしをした方もされた方もストレスを感じて、ブログを重荷に感じた結果になっている。



じゃあ、ブログって一体何?



「今日は忙しくて書けません。でもランクリよろしく。」
「ネタが何もありません。でもランクリよろしく。」
「テストでした。数学が80点、古文が78点・・・ランクリ。」



ブログとは?



最近見たヤフーニュースに、すれ違いの多いともさかりえ夫妻が,
日々のコミュニケーションとしてブログでお互いの生活を確認したり、コメントしたりしていると報じていた。ブログの良い使い方の稀な例であろう。



ブログ・・・



ボク個人の使い方としては、全く興味が無いけど、でも世間話に上る話なので抑えておきたいなんて時に、事の概要を把握する為に読んだりもしている。皆さんのように相互リンクして友達のような感覚になっている相手も少なからずいる。



ブロ・・・



ボクが何故書いているのかと言えば、ボクは40歳でリタイアし、その後の余暇として本を自費出版する予定なので、その文章練習の為に書いているのが一番の理由としてある。単純な暇つぶしというのが二番。それらの理由で書いた記事を読んでくれた人に少しでも笑いを…というのが結果論で三番目。

読者の為になどと大層な事は言えない。毎日読んでいたブログが閉鎖すると「何故やめちゃうんですか?」とか言う人がいるが、次の日には忘れて違うブログを徘徊する。似たようなブログはたくさんある。人気があろうが無かろうが、無くなっても別にどうってことはない。

コメントしてくれる人を『お客』と勘違いし、ストレスを感じてまでサービスをする必要はない。忙しいなら書くな。忙しい忙しいと連呼する人間ほど要領が悪いだけだったりするし、ブログ書いてる事が一番時間の無駄である。



ブ・・・



ボクの『ブログ』の位置付けは、ただの日記である。
当たり前だと言われればそうなのだが、今はそーゆー概念では語られない。

ニートにとっては社会と繋がっている最後の橋だし、ある人にとってはストレスの発散場所だし、また、ある人は人生の生甲斐として据えていたりする。

大切なものではあるかもしれないが、そこには存在意義はない。
何も達成していないし、殆どのブログのスタンスではこの先何も達成することはできない。このブログもまた然りである。



ブッ。



そう、ブログとは『屁』のようなものである。
自分の為に書き、全く意味は無いように思えるが実はとても大切なモノ。

「屁をこいた。」と書き伝えるこそがブログ本来の意義であるし、「クセッ、お前昨日何食ったんだ?」と日常生活が垣間見えるモノであり、彼氏の前ではできない排泄するだけの無価値なモノで、ある時は握りっ屁で人から嫌がられたり、ある時は人を笑わしたりするモノなのだろう。



そして、最終的に屁の臭いはかすんでなくなる。



しかし時として、



「お前のあの時のあの屁はマジ臭くて笑えたな。」

「あのタイミングで屁をしていたお前が、今は社長だもんなぁ。」

「あの屁の臭さは天下一品だったな。」

「この臭いはギネス級だな。」



といった様な『屁の大会』があれば良いなと思うんです。



屁の臭さを競う大会。
人間の出す臭いガスのナンバーワンを決める大会。


判定は機械じゃなく、鼻の効くソムリエや香水関連に従事している人達。犬を判定員にしても良い。犬がどれだけ悶絶したかでナンバーワンを決めても良い。



そんな大会で上位に食い込める屁をして、
それを握りっ屁により自分で全て吸い込んだ結果ボクは、


「ありえん!この臭さ!!」


と一人で爆笑していた。



ブログに価値などない。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
ブログの地位がだんだん高くなってきている昨今。
人気のブログは一日に何万ものアクセスがあり、
もはや趣味の範疇を超えていると言って良い。



趣味を超えたブログの最終型は何なのか?



ある日『ブログでも書こかい。』と始めたブログは、
自分のコツコツとした性格も相まって人気になり、
『書こかい。』が『書かなきゃ。』に変わり責任感が出てきて、
荒らしを受けてもめげずに毎日更新して、
文中にテレビで流行っているネタをチョイチョイ挿入しただけの
中途半端な文章で『オレって文才あるわ。』と勘違いしながら
毎日書いているブログの目指すモノは何か?



書籍化やドラマ化というのがあるのかもしれない。



書籍が売れなくなった最大の要因はブログだとボクは思う。
そのブログ自体を書籍化するとのアイデア。

ごく一部の限られた人にしかオファーが来ないブログ書籍化。
ボクの知る限り最初にブログが書籍化されたのは、
一時期ブームになってドラマにもなった「鬼嫁日記」。

本も売れた為にその後も色々なブログが書籍化されている。
その辺のヘタな小説を読むよりも面白いブログ。
ブロガーなら一度は夢見た事があるこのブログの書籍化
がブログの最終型と言えるかもしれない。



アフィリエイト収入でのリタイア。



年間のアフィリエイト収入が何千万円以上のツワモノもいるという。
文章とのコラボレーションや貼り付ける商品の数、
これは有名なブログを持っているだけでは成し得ない
センスが必要な広告の新しい形。

アフィリエイトをやっている者がもし自分の月給を超える
アフィリエイト収入を得たらチマチマ製品の検査や
商品の組み立てをやっているのがバカらしくなり、
会社を辞めてアフィリエイトに専念してもおかしくない。

ボクはブログに貼ってある広告関係はクリックしたことが無いが、
このアフィリエイトに関しては中立の考えだ。


毎日手塩にかけて育ててきたブログ。
それに広告を貼って収入を得る事は何の矛盾も無い。

しかしブログでお金儲けしている後ろめたさを隠そうと、

『毎日更新し続ける糧としてアフィリエイトを貼っていますが、
 決して儲けたいとの意思ではありません。
 興味のある方のみクリックしてください。』

などの体裁を保とうとしている表現を見ると、
何だか・・・悲しくなってしまう。

結局は表現の違いでしかないが、

『この手塩にかけて育てた人気ブログで金儲けしたろやないかい。』

である。


書籍化出来ない中途半端な文章で作家気取り。
そんなモノにプロのように『糧として・・・』などと
体裁を保つ必要は無いと思う。



そんな中途半端な、書籍化は出来ないけど有名なブロガーに捧ぐ。



アフィリエイトなどとチマチマしてはいけません。
有名なブロガーという誇りを持ちましょう。

アフィリエイト収入がいかほどあるか知りませんが、
いっそここは思い切って、


●ブロググッズの商品化。


なんてのはいかがでしょう。



有名なブログのロゴなどが入ったコップやライターなどを
商社と提携して商品化するというアイデア。

これならディズニーキャラに高いロイヤリティを払っていた
グッズ屋は半額以下のロイヤリティで商品を作る事が出来るし、
アフィリエイトからロイヤリティに変わったブロガーは
収入も向上しするし一石二鳥。


このアイデアが未だ具現化していないということは、
グッズ屋はブログのブランド力を疑問視しているからだろう。


でも考えてみて欲しい。


ブログの書籍化もこれと同じである。
今まで無料で見ていたブログが書籍化されて1500円で売られるとする。
それを買う人、もっと言えば

無料で見ていた物をワザワザお金を払って買うという事は、
十分にブランド力があるという証拠。




グッズ屋にしても要は採算が取れれば良い訳で、
ロイヤリティもディズニーの半額以下と言わずもっと抑えることが出来るし、
商品化のアイデアもそのブログで募る事が出来る。


ブログと商社を繋ぐ媒体会社も出来たりして、
ニッチ産業の中でニッチなニッチなニッチな商売まで生まれ、
ブログの地位向上という存在意義をも変える事が出来るかもしれないし、
シナジー効果により各方面に大きな影響を与えるだろう。



ブロググッズの商品化の際、
どんな商品が良いか?という問題が生じるので、
一つ提案があるのですが、

●記事がそのままプリントされた商品。

というのを提案したいと思う。


基本的な商品はパソコン関連の物が好ましいが、
ブランド力が信用できるブログであるなら、
ディズニーと同じような商品で構わない。

しかし、ただブログ名が明記されただけのライターやコップなどでは
インパクトが足りな過ぎる。



ブログ名ではなく、ブログの記事を商品にプリントする。



このブロググッズ商品化は誰でも思いつくが、
この「記事をプリント」は画期的なアイデアではないかと自讃する。



キメ台詞やブログ内で認知されたキャラ的なモノがあれば
そのまま使ってプリントすれば問題ないが、
書籍化出来ない中途半端な有名ブログは創造性に欠けていることが多く、
ネタは大体テレビで流行っているギャグを要所要所に挟んだり、
妄想のみで話を進めていく場合が多い。


そんな内容の薄さで書籍化の道を断たれたブログもたくさんある。
この「記事丸ごとプリント」というアイデアは、
有名だが実はユーモアと呼べない垂れ流し記事ばかりのブログでも、
ブログの雰囲気を商品に込める事が出来るという素晴らしいアイデア。



商品化第一弾としてボクがお勧めするのは、


●記念日にちなんだ記事のTシャツセット。


クリスマスや入学式に関連する記事がプリントされたTシャツのセット。
使い道や存在意義はボクは理解出来ないが、
ブログのファンならかなり欲しいはず。

飲み会に着て行ってもインパクト大であり、
会話が尽き、暇になったらTシャツの文章でお口直し。
ファンでなくとも欲しい一品であることは間違いなし。



●カレンダー


これも悪くない。
ブロガーの出来事が時々明記されているカレンダー。
もしブロガーがウンコ漏らした日に自分もウンコ漏らしたら、
ファンでなくとも親近感倍増である。

これは記事をプリントするという概念からは外れているが、
方向性はTシャツの「出来事の共有」と同じである。

タレントがウンコ漏らした日に自分がウンコ漏らしたら、
親近感は湧くかもしれないが、
ブロガーという自分とほぼ同じ立場の人間と出来事を共有することで、
より親密な親近感を与えるのである。



アイデアは尽きる事は無い。
まずはブロググッズ商品化のプロジェクトを誰か発案して欲しい。




本の代わりにブログを読むようになった現代人。
そのブログの内容がブロガー仲間同士の皮肉の言い合いや、
流行っている言葉の使用による笑いの提供のように
創造性の欠片もない「一見面白い記事」では
現代人はますますバカになってしまう。


アホな読者のウケが良いこのようなネタばかりでは
ブログは所詮ブログでしかなく、レベルもずっと変わらない。


ランキングアップばかりに神経を集中するのではなく、
才能は確実にあるブロガーが本質の向上に目を向ければ
何かが動き出すかもしれない。



と、弱小ブログの独り言。



人気blogランキングへ
やられた。

というより、やってやった。

というより、とうとうやってしまった。




FC2ブログランキングから削除された。





「何でなん?」と聞こうと思ったら、

「ランキング削除についてのご質問はお答えできません。」

との事。



なんたる横暴。



信長スタイル。



納得いかねぇ。



ボクは将来の夢が「尾崎 豊になる」なので、
こうゆう権力の横暴には立ち向かうことにしている。

常日頃から「オザキ度」を意識し、
日常生活の判断もそれがオザキであるかないか、
ということにプライオリティをおいているボクは、
ここだ!と思った。


「オザキを使うのはここだ!」と思ったが、よくよく考えると、
こうして悪態をつくのも「オザキ度」を使うのもアイツらの手の平の上って言うか、アイツらの構築したブログのシステムを利用している訳だし、
ここで意地を張って
『今後FC2との契約は無かった事に。』
とか言われたら、また別のとこでイチから登録して作っていかないといけない訳で、ソレも面倒だなとか思って、





『ゴメン、許してチョ。』





と、このように「オザキ度」を表現することにした。



何かFC2の逆鱗に触れるような事したかなぁと考えても、
6月2日の記事しか思いつかない。


6月2日の記事に「FC2のバカ集団」との記載がある。



これがFC2の逆鱗に触れたらしい。


いやCは『くだらない事言ってるよ。』と笑って許してくれた。
しかし頑固なFが『なにぃ、バカだと?許せん!』
と鼻息荒く怒り散らしたんだろう。
それを見ていた2が『しょうがないわねぇ。』と、仕方なく削除したに違いない。



確かにボクがFC2だったらムカツクかもしれないが、
FもCもいい大人じゃん。

こんな読者の少ない弱小ブログの小さな罵倒にムキになって、
さらに人目にさらされる機会を抑えようとランキング削除。



Fちっちゃ。


これからお前はFだよ。



削除されたボクは「どうしたものか?」と頭を抱えていたが、
「ま、いっか。」と人気ブログランキングに登録した。

過去の投稿を読んだ人に「あれ?急にランキングバナー変わったな。」
と疑問を持たれないように、バナーを全て人気ブログランキングに差し替えた。


ランキングを削除されたことを隠匿して、
「最初からこっちのランキングでしたけど何か?」という顔をする為に、
ランキングバナーを全て人気ブログランキングに差し替えた。


こんな弱小ブログでも、
過去の記事から全て差し替えるのは、





けっこう面倒だったぞ!





解ってんのか?Fよ!





どうしたもんですかねぇ。
何かFC2との関係を修復する案はないですかね?



こっから方向転換して話を進めようと思ったが、
酔いが深く、頗る頭が痛いので明日にしたいと思う。




この深酒もお前のせいだぞ!Fよ!



人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。