命名師の苦悩

ここでは、「命名師の苦悩」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の誇れるモノとして一つ、
アニメーションというものがある。


世界中で愛されているジャパニーズアニメーション。その人気ぶりは説明の必要がないと思うので割愛させて頂くが、その代表格は、何と言っても宮崎アニメであろう。


子供に限らず大人でも楽しめるストーリーと、素敵なキャラ設定、話の中に暗喩された人類の抱える問題の提議、何度見ても飽きない完成度。
素晴らしいの一言に尽きる。


その中でボクは『天空の城ラピュタ』が一番好きなのですが、ことラピュタフリークからみれば、ボクなんかヒヨッ子で、「所詮は大衆的な好きだ」と軽蔑することでしょう。
そして、ラピュタフリークには、共通してある主張があるらしい。


ラピュタに『ロボット兵』っているじゃないですか。
あの、ラピュタ城で一人生き残り、お墓に花を添えていたあいつです。
んで、ラピュタフリークの家には、必ずと言っていいほど、ロボット兵の人形なりフィギュアなりが置いてあって、それを見たボクは、必ず「あっ、巨神兵だ。」と間違って言ってしまうのです。
すかさず「巨神兵はナウシカに出てたやつ!これはロボット兵!!」と鋭いツッコミが入るのですが、そっからのオタク話が長いのなんの。


オタクぽい男なら分からんでもないのですが、年頃の女性が、宮崎アニメのヌイグルミを部屋中に飾り、巨神兵とロボット兵の違いを説明(説教)するのは、どうにも解せない。折角女性の部屋に行ったのに萎える。


バッサリ要約すると、ロボット兵は巨神兵よりも優しい。
ロボット兵は、無理やり戦いを強いられていただけだ、とゆー感じだったと思うのですが、それは違うんじゃないのかと。あれは元々戦闘用だったはず。劇中には戦闘のシーンが然程ありませんでしたので、フリークの方々は美化していますが、あいつの本質はただの戦闘用ロボットなんです。


そこで、ラピュタフリークに反論するために、
そして折角行った女性の部屋で何時間もヒドイ説教(拷問)を受けた無念を晴らすために、



ロボット兵の本質を激写してきた。





●「はいっ、オレ結構ダークっすよ。」

●先ずは肩慣らし。

●「足長いから、こんなんも出来るよ。」

●じゃれ合っているのかと思いきや…

●「ヨイショ!!」

●ドスーン。

●これは本当に可愛がっているのかも。

●「と見せかけて…ホレ!」

●ドスーン。

●仲間にも容赦ない。

●非情さをアップで。

●倒れてもなお。

●「さすがに疲れたし腹減った…ん?何だコレ?」

●「ブッサイクな顔してんな。」

●「ちょうどイイや、休憩しよ。」

●すると強敵現る。「これには勝てないかも。」

●「どうにか、コレで…」

●食いつきの良い強敵。

●「ん?何だこの穴。」

●「もしやコッチの方が…」

●「よかった、帰っていく。」

●「あっ、リンゴが二つもある。」

●「コッチ食べよ。」

●「ん…んんんががががぁぁぁーーーー!!」

●毒リンゴだったようだ。

●「って、ロボットが死ぬか!アホ!」 ノリツッコミ。

●「性格がダークで彼女もいないし、仕事もないし、生きる気力をなくしました。さようなら。」





ご覧頂けましたでしょうか?
アニメだからこういう部分は隠されていますが、モノの本質なんて結局こんなもんなんです。二次元の世界に浸る変人どもはそこまで考えていないでしょう。
オタク女!!お前は特に!!
やれると思っていた美人の部屋に行って、よもやあんな拷問受けて、泣きながら帰るなんて思ってなかったぞ!金返せ!!



結局、ボクが一番タチ悪い。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト
大河ドラマが大好きである。
教科書に載っていない歴史の勉強になるし、
こだわりのあるセットや不自然さのない演技は
本物を求めるボクを飽きさせない。


何を隠そう、ボクのHNさむらいぶるーの「さむらい」は、
大河ドラマ好きが高じて付けたものだ。


現在放送中のドラマ『篤姫』。
江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室である篤姫(のちの天璋院)が主人公で、混乱の時代に自分にとっての家族(大奥の女性達)を最後まで守り抜き、一途に平和を願う姿を描いている。


ホームドラマの要素が比較的強く、
最近流行の女性が主人公ということで、
若い人達も楽しめるドラマに仕上がっている。


主演は今をときめく宮崎あおい。
純和風の顔立ちにはカツラや着物が映え、
じゃじゃ馬の篤姫を上手に演じている。
私さむらいぶるーも大好きな女優さんで、
何を隠そうHNさむらいぶるーの「ぶるー」は、
宮崎あおいから取ったものだ。


ボクの為に作られたと言っても過言ではない『篤姫』。
今、ボクの故郷鹿児島はこの篤姫にあやかって
ちょっとした盛り上がりを見せている。


篤姫は時の薩摩藩主・島津斉彬の養女であった。
薩摩藩と言えば今の鹿児島県にあたる。
ドラマの中で篤姫が作法を勉強するシーンがあるのだが、
障子を開けた城内からは桜島の凛とした姿が見えている。


実際に鹿児島でロケをしたそうだ。
演者にもスタッフにも鹿児島出身の方が多数いる。
鹿児島の方言も度々使われている。
故郷がこれだけクローズアップされると、
全く関係が無いとは言え、やはり嬉しい。


ドラマも大人気で、篤姫ブームに乗り鹿児島には観光客が増えた。
統計はないが新幹線や旅館の売り上げも上がったそうだ。
観光名所の近くには『篤姫記念館』なるものまで作られ、
鹿児島の活性化に力を貸してくれている。


実にありがたい。
これをきっかけに鹿児島をアピール出来る。


ただ、一つだけ気になる事がある。
こんだけ鹿児島だって言っているのに、
主演は”宮崎あおい”という体たらく。


宮崎あおいである。


惜しい!!
それ隣の県やねん。
これはどげんかせんといかん!ということで、



篤姫を演じるのに相応しい、宮崎あおいの芸名を考えてみた。



まずは単純に。


●鹿児島あおい


アホか、即却下。
ヒネってこーぜ、ヒネってこーぜ。
鹿児島の地名関連でこんなのはどうだ。


●薩摩あおい


ちょっとぶっきらぼうな感じがするので少しアレンジ。


●サツマあおい


”エドはるみ”みたいになってしまった。
でも、もし薩摩あおいに決定するのなら、
いっそのことニュアンスで、


●薩摩あおい
    ↓
●薩摩おいも


としても鹿児島をアピール出来るのだが、
いかんせん可愛くない。さつまいもて。
鹿児島で可愛いもの・・・カワイイもの・・・


●白熊あおい


白なのか?青なのか?
しかも熊って。
では、桜島をアピールするこれはどうだ。


●桜あおい


これはピンクなのか?青なのか?
カワイイのはカワイイのだが、シックリこない。
しかも、ちびまるこちゃんの本名である「桜ももこ」の方が
100倍カワイイし、文字的に綺麗だ。
あんなケロロ軍曹みたいな奴に名前負けしてはいけない。


なかなか良い名前が浮かばない。
名前が平仮名ってのも苗字を選ぶ弊害になっている。
なら、「あおい」から逆算してみてはどうだろうか。


青いと言えば空。
奇遇にも鹿児島県の輝北町という所は、
空が澄んでいて星が日本一綺麗に見える町として有名だ。


●そら あおい


ダメだ、AV女優とカブってしまう。




うあぁぁぁぁぁっーーーー!!
ダメだ!職業が命名師なのに命名出来ない。
ボクにこの業務は無理だ。ブランクが長過ぎた。


もう頭が痛くなってきたので宮崎あおいの芸名は、


●サツマイモ


に決定しようと思います。
「イ」しか共通点がありませんが、
これからも鹿児島をアピールして下さい。


ちなみに、ボクが大阪に引越した時の、
最初のあだ名が「さつまいも」でした。
奇遇ですね。



人気blogランキングへ
最近、脳の退化を実感している。
簡単な漢字を忘れたり、人の名前が覚えられないとかを筆頭に、「あれ?昨日の夜、何食ったっけ?」なんてことまで頻繁に起こるようになってきている。
ところで、今って平成何年ですっけ?


皆さんもボクと同じ思いを持っているようで、
ネットでは脳年齢を測るページにアクセスが集中したり、ちょっと前には脳の活性化に焦点を当てた家庭用ゲームのソフトが人気になったりした。


ゲーム業界で任天堂がソニーを負かしたのは、本当はただのバカだったり、ただのおっちょこちょいだったりする物忘れを、脳年齢が退化した現代病と誇大表現し、脳年齢関連のソフトを率先して開発したことに起因する。
「頭の良くなる楽しいゲーム」なんて、人間の購買意欲を刺激する格好のキャッチコピーじゃん。一種のプレパガンダじゃん。


そんな事を考えていて思い出されるのは、学生時代の社会の授業。
「1192作ろう鎌倉幕府」「794ウグイス平安京」などのゴロ合わせは、
大人になった今でもしっかりと覚えている。昨日の晩飯は忘れても、これは今でも覚えている。
平安京がどこにあるのか、何時代の出来事かは忘れてしまったが、
794年に平安京が成立したことは死ぬまで忘れることができない。


歴史や社会の授業は基本的に「覚える」です。
考える力やイマジネーションが基本的には必要ないし、上記のように覚え方、イメージの仕方まで先生が教えてくれます。覚えにくい事をイメージで覚えるというのは非常に賢いやり方です。


社会の授業で他に覚えにくいものと言えば地理。


日本の都道府県の形は非常に覚えにくい。
日本列島は島国で特徴的な形をしているのに、各都道府県は似たような形のものが多く、小学生の時は苦労したものです。
M-1グランプリでポイズンガールバンドが、「島根と鳥取の区別がつかない。」とネタにしていたが、これには皆さんも同感なのではないでしょうか?日本地図を見たら右側が鳥取と分かる人は多いでしょうが、例えば目の前に島根と鳥取があったとして、確信を持って「こっちが鳥取だ!」と言える人は少ないのではないでしょうか?



コラ、伊能忠敬!覚えにくいぞ!!



と毒の一つも吐きたくなるのですが、
別に伊能忠敬が県境を決めたわけではない。
覚えにくい都道府県こそイメージで覚える必要がありそうです。
ここでは特徴的な都道府県の例を挙げてみます。勘の良い方なら、題名だけで何県かを当てることが出来ると思います。



さむらいぶるー式、都道府県の形の覚え方。



小鹿のあくび


まずは誰でも分かる一番簡単なとこから。
イメージ出来ない人は一生出来ません。
自分の覚え方を見つけましょう。


女性の○○○


ボクの故郷も非常に特徴的な形をしている。
真ん中の大きな錦江(きんこう)湾が女性のアレに見えてしょうがない。そうなると桜島は女性のアレである。アレがアレな県で生まれたボクは幸せ者である。


ワンちゃんの食事


真ん中の二つの湾の左側が口に見え、左の半島が鼻に見える。
犬らしき動物が横たわって何かを食べようとしているように見えるが、
多分リンゴだろう。


カンガルー


もうカンガルーにしか見えない。
背中の曲線なんか、非常に良い塩梅である。
雪の多い地域だから、雪の降らないオーストラリアへの憧れがこのように地形になって現れたのだろうと推測する。


ガチョーン


親指の感じにガチョーンへのこだわりが見える。
谷啓の出身地はきっとここだろうと思ったが、
残念、東京都でした。


キツツキ


突付いているものは落花生。
「TDLは東京にないじゃん!」と突付いているのかもしれない。


逆キツツギ


「キツツギじゃなくてキツツキ!」と怒られそうだ。
キツツキと対を成しているが、逆キツツギが雄だろう。


縁日の思い出


これは特徴的過ぎて、ワザとではないかと疑ってしまう。
目の部分に当たる湖の成分が、お茶であるのはここの住民の常識。


逆立ちに挑戦


二つの半島が少し曲がっている腕に見えてくる。
えびフライを食べながらでも頑張って欲しい。


青虫


奇しくも他県と区別する為の色が緑で、完全に青虫。
県民は「いずもいずも、鳥取と区別でぎなくて申し訳なが。」
と少し訛っているが、これでもう安心ですね。


西城秀樹のブーメラン


隣接している愛媛県と似ているが、より西城秀樹なのがこっち。
この県の特産である「ゆず」を収穫する時、昔はブーメランを使って実を切り取っていたのは、この県がこのような形になったのと深く関わっている。


ジョー、暫しの休憩


北部の半島が俯いた頭、左側の県境が肩から腕をロープに引っ掛けているように見え、熾烈な戦いの最中に暫し休憩している「あしたのジョー」っぽい。
ここには沢山の温泉名所があるから、湯船の縁に腕を掛け、温泉に浸かっている場面かもしれない。





特徴的な形をした県でも、個別に見ると一瞬何県か迷ってしまう。
大人のボクでもこの様なので、小学生はさぞ大変だろうと思う。
ボクのイメージが理解できずに、違う形に見えた方もいるだろう。


このような「イメージ記憶法」は各々自分の方法がある。
北海道も、ボクは鹿に見えたが、ある人は違った形に見えただろう。
「良い国作ろう鎌倉幕府」も、「良い靴作ろう鎌倉幕府」
と覚えている人もいるであろう。



この記事でボクが最も言いたいのは、
覚え辛いものをただ闇雲に覚えようとするのではなく、
方法を見つけ、効率的にすることが本当に賢い人間であり、
普段何も考えずに生きている人がたまにゲームで頭を使っても「頭の良くなった感じ」がして満足感を得られるだけで、
本質は何も変わらないし、脳年齢も変わらないって事。



つまり、色々考えているボクは天才って事。



人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。